iPhone・iPadの指紋認証「Touch ID」の設定と登録する方法

スポンサードリンク

iPhone・iPadのTouch IDの設定方法

iPhoneやiPadは指紋認証機能「Touch ID」を利用してロック画面の解除やApp Storeからのアプリ購入、iTunesからの楽曲などの購入、さらにサードパーティ製アプリのログイン機能としても利用することが可能となっており、今では無くてはならない機能になっていると思います。

そんな指紋認証機能の「Touch ID」を利用する方法をこの記事では紹介します。「Touch ID」は、iPhone 5s/6/6s/SE、iPhone 6 Plus/6s Plus、iPad Air 2、iPad Pro以降のモデルで利用可能となっています。

指紋を登録する方法

「設定」アプリを起動して「Touch IDとパスコード」を選択します。

iPhone 設定アプリ Touch ID 設定

パスコードを設定している場合はパスコードの入力が求められます。

Touch ID パスコード

パスコードを設定していない場合は先に進むことができ「TOUCH IDを使用」という項目の「iPhoneのロックを解除」をオンにすることで「パスコードを設定」からパスコードの作成が求められます。

Touch ID パスコード作成

ここからは6桁のパスコードを設定することしかできませんが、少し下に「パスコードをオンにする」という項目があるので、パスコードを作成する時に「パスコードオプション」を選択すると…

パスコードをオンにする パスコードオプション

「6桁の数字コード(標準)」、「カスタムの英数字コード(英数字の組み合わせができる)」、「カスタムの数字コード(2桁、3桁、10桁など文字数をえ選べる)」、「4桁の数字コード」を選択することができるようになります。

パスコードのオプション

パスコードの設定が完了したら指紋を登録していきます。「指紋を追加」を選択します。

指紋を追加登録

登録画面に切り替わるので登録する指をTouch IDに置くことで登録が開始されます。

Touch ID 指紋の登録

「指でタッチ」と指示されるので言われるがままに指を離したり置いたりを繰り返します。

指紋の登録 Touch ID

この時、微妙に指をずらして違う角度から指紋が登録されるようにしましょう。

Touch ID 指紋登録

「グリップを調整」という画面に切り替わったら、指の正面ではなく指の少し縁側部分の指紋も登録をします。

グリップ調整 Touch ID

縁の部分の指紋を登録することで、指紋認証の精度を上げて読み取りエラーを少なくしているようです。(多分)

指紋の縁部分の登録 Touch ID

「完了」と表示されたら指紋の登録作業終了です。「Touch IDとパスコード」の画面に「指紋」が登録されました。分りやすいように名称を「親指」とかに変更してしまってもいいかもしれません。

指紋登録完了 Touch ID 指紋1

個人的には両手の親指と人差し指を登録することで、iPhoneやiPadのロック解除が便利になるのでオススメです。なお、登録した指をTouch IDに置くと登録された指がハイライトされます。(以下の画像は指紋2の指を置いた時)

指紋を複数登録 Touch ID

指紋の登録が以上で完了です。

スポンサードリンク

App Storeでも利用できるようにする

ついでにiTunes StoreやApp Storeで楽曲やアプリを購入する時にTouch IDを利用できるように設定をしておきましょう。「Touch IDとパスコード」から「iTunes & App Store」をオンにします。するとサインインを求められるのでApple IDのパスワードを入力します。

iTunesとApp Store iTunes Storeにサインイン

以上の設定でTouch IDでロック画面の解除、App Storeでのアプリの購入、iTunesやiBooksからのコンテンツの購入、さらにサードパーティ製アプリ、例えば1Passwordや楽天銀行などのログインもTouch IDを使うことが可能となります。

まとめ

サードパーティ製のアプリ「Mac ID」を利用するとiPhoneのTouch IDを使ってMacのロック画面を解除したりすることもできたり、利用の幅は広がっています。次期「OS X 10.12」はiPhoneのTouch IDを利用して認証することができるようになるなどの噂もあり、今後は指紋認証というものはより身近なセキュリティシステムになるかもしれません。

なお、iPhone 6s/6s Plusは第2世代のTouch IDが採用されており、他のモデルに比べて認証速度が比べ物にならないくらい高速化されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。