iCloudメールアドレスをiPhone・iPad・Macから新規取得する方法

スポンサードリンク

iCloudのメールアドレスを取得する方法

iCloudメールは無料でメールアドレスを手に入れることができ、さらにAppleデバイスであるiPhoneやiPad、Macとは相性は抜群で特別な設定も必要がないことから非常に使いやすいですね。

iCloud メール

iCloudのメールアドレスはApple IDを作成する時に作成することができ、そのメールアドレスをApple IDのアカウントとして使うことができるので、多くの方はiCloudのメールアドレスを取得していると思います。

しかし、Apple IDはiCloud以外のメールアドレスを利用することができるのでiCloudのメールアドレスを取得していない方もいます。そこで、後からiCloudのメールアドレスを取得する方法を紹介します。

iPhoneやiPadから新規取得する

iCloudのメールアドレスを取得していない状態で「設定」→「iCloud」の「メール」をオンにします。

設定のiCloudメールを有効に

すると「無料の@icloud.comメールアドレスを作成するとiCloudメールをオンにできます。」とポップアップウィンドウが表示されるので「作成」を選択し、好きなメールアドレスを入力します。

iCloud.comのメールアドレスを作成 iCloud.comのメールアドレスを新規作成メールアドレスの作成が完了すると「iCloud」の「メール」の項目のトグルボタンがオンになります。

iCloudのメールをオンに

すでにメールが利用できる状態になっており、メールアプリを起動すると「iCloudメールへようこそ」というタイトルのメールが受信されます。

iCloudメールへようこそ

Macから新規取得する

MacからiCloudメールを作成する方法も基本的にはiPhoneやiPadと同じ方法ですることができます。

「システム環境設定」を起動して「iCloud」を起動します。

Macのシステム環境設定

iCloudメールを取得していない場合は「メール」の部分にチェックが入っていないので、オンにすると「icloudのメールサービス用のメールアドレスを作成」と表示されるので、好きなメールアドレスを入力して作成します。

作成が完了すると、iPhoneやiPadと同様にメールが自動的に使えるようになり「iCloudメールへようこそ!」というメールが受信されます。

スポンサードリンク

iCloudのメールを取得するとApple IDとしても利用可能

iCloudのメールアドレスを利用せずに他社サービス(G-mailとか)でApple IDを作成した後に、iCloudのメールアドレスを作成した場合、他社サービスのメールアドレス以外にiCloudのメールアドレスからサインインすることも可能となります。

Apple ID

僕の場合はApple IDに設定してあるso-netのメールアドレスの他に、昔は取得可能だった「@me」と「@icloud」からApple IDのサインインができます。つまり、Apple IDを忘れてしまってもiCloudのメールアドレスを入力すれば大丈夫ということになります。

まとめ

インターネット回線のプロバイダから提供されるメールアドレスは色々とアカウント情報を入力しポートの設定などをしないと使えないことも多いので、iCloudメールアドレスは非常に簡単に使えるようになるのは嬉しいですよね。

なお、iCloudのメールアドレスは無料で利用できますが5GBのiCloud Driveのストレージ分が無料で利用できるという意味なので、もし写真データで2GBのデータを利用している場合はiCloudメールで利用できる容量は3GBということになります。

僕はiCloudのメールを2010年から6年ほど利用し容量が1GBくらいなので、そう簡単にメールだけで5GBの容量に達することはないかと思います。もし、写真データなどの容量が増えてきた場合はiCloud Driveを有料プランに切り替えることも検討したほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。