iOS10に搭載される新機能の予想や期待したいこと

スポンサードリンク

iPhoneやiPadの基本OSのiOSは通年通りのスケジュールでいけば2016年で「iOS 10」にバージョンアップすることになり、2016年6月に開催される開発者会議「WWDC 2016」にて「OS X 10.12」と共に発表されて9〜10月頃にはリリースされるのではないかと見られています。

iOSはiOS7で新しいUIデザインに刷新され、iOS8とiOS9とバージョンが進むごとにOS Xとの連携機能がより強化されてより融和性が向上することになりました。さて、iOS10はどのように進化を果たすことになるのでしょうか。

iOS-10-main

iOS10がどのように進化をしていくのかRemind Pieが予想をしていたので紹介したいと思います。

UIデザインはほぼ同じ

iOSのUIデザインはバージョンがごとに細かくデザインが変更してきましたが、iOS6までは素材を生かしたUIデザインが特徴的になっていましたが(本物のメモ帳やカレンダーなどを意識したデザインなど)iOS7は非常にシンプルなUIデザインへと大きく変化することになりました。

iOS8、iOS9のUIデザインはiOS7からの特徴を引き継ぐUIデザインとなっていましが、次期バージョンとなるiOS10も引き続き、シンプルなデザインが採用されるとしています。

新しい絵文字の追加

iOSはバージョンを重ねるの連れて使える絵文字の数が増えてきていますが、iOS10ではさらに74の新しい絵文字が使えるようにになるのではないかと見られています。

これは標準文字コードのUnicode 9.0.0が2016年に登場することからiOS10においてもUnicode9.0.0に対応、新しい絵文字に対応するというものです。

新しい絵文字

Unicodeの絵文字は世界標準の絵文字なので日本ではウケがあまり良くなさそうなデザインが多いですが、Unicode 9.0.0で追加される絵文字もなかなか個性的な絵文字となっているようですね。。ピエロみたいな絵文字はいつ使えばいいのか…。

写真アプリの大幅な機能追加

iOS7以前の写真アプリは基本的には編集機能はなく編集したい場合は高機能なiPhotoアプリをインストールする必要がありました。元はOS XのアプリでiOSに移植されたアプリですが新しい写真アプリが追加されることでiPhotoは廃止されることに。

OS XとiOSに新しくなった写真アプリが追加され、表示速度なども速くなり操作性などの使い勝手は大きく向上したことになりましたが、編集機能については出来ることが少なくってしまうことになり、高度な編集作業をしたい場合はサードパーティー製のアプリを使用する必要がありました。

なので、iOSとOS Xの写真アプリの編集機能が再び高機能化する可能性はあるのかもしれません。現在の写真アプリが非常に軽くiCloudフォトライブラリーなどの共有機能なども使いやすく重宝していますが、個人的には解像度の変更や文字の書き込みなどができるようになると嬉しいかもしれませんね。

標準アプリを非表示に

使用していない標準アプリは消せない仕様となっていますが、iOS10では非表示することができる機能が追加されることになるかもしれません。すでにAppleはテストを実施しているとも言われているので、実現性はかなり高いとみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク

コントロールセンターの3D Touch対応

iOS9のiPhone 6sシリーズより感圧タッチパネルを利用したいクイックアクション機能を利用することが可能となりました。

現在のは特定のアプリで利用することが可能となっており、基本的にはホーム画面とアプリ内での利用に限られています。

しかし、今後はコントロールセンターセンター内でも3Dタッチを利用することができるようになりサードパーティー製のアプリがさらにカスタマイズすることができるようになるかもしれません。

iPad専用機能の拡大

iOS 9はiPadで2画面同時に操作することができるSplitViewなどのiPad専用のマルチタスク機能が追加されました。

Appleは、ラップトップの代わりとなるデバイスを目指して9.7インチのiPad Proをリリースしたことで、よりラップトップとしての使いやすさを追求しiPad専用の機能を追加してくるかもしれません。

特にスマートキーボードやApple Pencilはまだまだ荒削りな部分がかなり多いので機能を大きく向上させより使いやすいものにすることは必須のようにも感じます。

まとめ

iOSはiPhoneを利用することにおいては完成の域に達しているように感じますが、ラップトップとの融合を目指しているiPadの機能がどのように進化を果たしていくことになるのかが、今後のiOSの進化に期待される部分ではないでしょうか。

個人的にはiPadのSplitViewの画面の位置をOS Xのように自由に入れ替えができたり、Safariを2つ起動させて画面を並べることができるように(現在は同じアプリは1画面しか表示することができないのでChromeとSafariを2つ同時表示させるなどの工夫が必要)なると、利便性が高くなるなと感じています。

そうなるとOS Xでいいのではないかと思ってしまいますが、今後はOS XとiOSの二つのOSがどのように融合していくことになるのかも注目すべき点といえそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。