新バージョン「iOS9.3」を再リリースし文鎮化する問題を解決へ!

スポンサードリンク

旧型iPhone/iPad向けに「iOS9.3」を再リリース!

一部の旧型のiPhoneとiPadで「iOS9.3」にアップデートすることによってアクティベートができない不具合が発生することから配信が停止されていましたが、日付が変わった3月29日に新バージョンの「iOS9.3」を再リリースしたようです。

バージョンは「iOS9.3」と変わりませんが、ビルドナンバーは「13E233」から「13E5237」に新しいバージョンとなっているとのこと。

手持ちのiPad mini 2もiOS9.2.1からアップデートができない状態が続いていましたが、午前2時頃に確認をしたところ「iOS9.3」へのアップデートが可能な状態になっていました。

iOS9.3 新バージョン

この問題はiPhone 5sやiPad Air以前の旧型のiOSデバイスにて「iOS9.3」にアップデートしApple IDやパスワードを忘れてしまった場合に先に進むことができなくなってしまい、何も出来なくなってしまい文鎮化状態になってしまうという不具合でした。

当初はiPad 2のみが対象になっているとみられiPad 2だけが新バージョンの「iOS9.3」をリリースされていましたが、その他のデバイスでも同様の不具合が発生することからiPhone 5s/5c/5/4s、iPad Air、iPad 3/4、iPad mini2/3なども「iOS9.3」の更新を停止するという状態になっていました。

Appleは問題を解決したバージョンを数日でリリースすることを明らかにしていましたが、4日後に問題を解決したことになります。

iOS9.3は他にもSafariやメールアプリからリンクを開くことができなかったり、途中でフリーズしてしまうという問題があったりと、不具合が多いように感じます。ちょっとよくわからないのですが、新しい機能を追加すると別のところで不具合が発生してしまうのは仕方のないことなのでしょうかね…。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。