iPhoneでパスワードを自動入力しiCloudキーチェーンでデバイス間で共有する方法!

スポンサードリンク

SafariでIDとパスワードを自動入力する方法

Webサービスを利用するには必ずログインIDとパスワードが必要になることが多いですが、数多くのサービスを利用すると、面倒臭さからついつい同じIDとパスワードを設定しがちで
、これは非常に危険な状況と言っていいでしょう。

パスワード自動入力

iPhoneやiPadのブラウザのSafariにはパスワードを自動的に生成し記憶し自動的に入力することができる機能が搭載されているので、是非ともパスワード自動入力機能を活用してセキュリティを強くしておくことをお勧めします。

この記事ではiOSにおける「パスワード自動入力」と「iCloudキーチェーン」についての設定方法を紹介します。

一つの端末で使用する場合

「パスワード自動入力」のみで設定してOK

iPhoneやiPadを1台だけで使う場合は「iCloudキーチェーン」を設定しなくても「パスワード自動入力」機能を使うことができます。(ただし、特定のアプリでも自動入力を使用したい場合はiCloudキーチェーンが必要となります。)

「設定」→「Safari」→「自動入力」を選択します。

Safari  パスワード自動入力

「自動入力」の「ユーザ名とパスワード」をオンにします。。

ユーザ名とパスワードを設定

「パスコードなし」の状態で使用するのは危険なので必ず「パスコードロックをオンにする」にしてパスワードの自動入力機能を使用しましょう。もともと、ロックが掛かる設定になっている場合はこの画面は出ません。

パスワードロックをオンにする

これで設定は完了です。

ちなみに、クレジットカードの情報を入力することで、ショッピングサイトでクレジット決済をするときもワンタップで入力をすることが可能となるので非常に便利です。

クレジットカードの情報を入力

まあ、もしもの時を考えて僕はオンにはしていませんが…。

実際に使用する方法

実際にパスワードを保存するには、ログインサイトにユーザー名とパスワードを入力、するとキーボードの上部に「パスワード」という項目が表示されるので、これをタップし「このパスワードを保存」と選択してできます。

パスワードを保存する

次からはログイン項目をタップするとキーボードの上部に「パスワードを自動入力」という項目が表示されるので、選択すると自動的にユーザー名とパスワードが入力されます。

パスワードの自動入力

これは便利!!

ちなみに、アカウントを複数持っている場合でも「その他のパスワード」から選択することができるので、簡単に切り替えることも可能。

スポンサードリンク

複数の端末で使用する場合

「iCloudキーチェーン」も設定しよう

「iCloudキーチェーン」を設定しておくことで同一のiCloudアカウントを利用しているデバイスでユーザー名とパスワードを共有することができます。つまり、Macで保存したユーザー名とパスワードをiPhoneで自動入力することができるようになります。

「設定」→「iCloud」→「キーチェーン」を選択。

iCloudキーチェーン

「iCloudキーチェーン」をオンにします。iPhoneのパスコードをiCloudセキュリティコードにするかを聞かれます。

iCloudキーチェーン

iPhoneのパスコードを選択した場合は、パスコードを入力する必要があります。別のコードを利用することも可能です。

電話番号の登録が必要となります。

ios_password_11

これはiCloudセキュリティコードを使う時に必要となるもので、他のデバイスに設定する時に登録した番号にSMSに本人確認の番号が届き、それを入力する流れとなります。

これで設定が全て完了し、iPhone、iPad、Macといったデバイス全てでユーザー名とパスワードを共有することが可能となります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。