iOS9のiPadで動画を子画面表示できるピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)の使い方

スポンサードリンク
ピクチャ・イン・ピクチャ iOS9

iOS9「ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)」の使い方

iOS9にはiPad専用として「ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)」という動画を子画面で表示させる便利な機能が搭載されています。Apple純正の動画アプリにしか対応していないようですが、便利な機能なので使い方を紹介します。

ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)

ピクチャ・イン・ピクチャを利用するにはApple純正の動画アプリを起動させて、そこから動画を再生させます。

動画アプリ

動画が再生される右下に子画面のアイコンがあるのでタップします。

子画面再生のアイコン

すると、このように動画が子画面で再生させることが可能となります。ホーム画面はもちろん、どのアプリを起動させても動画が再生されている子画面が消えることはありません。

PiP 子画面表示 iPad

指で自由に子画面を動かすことも可能!

子画面を指で動かす

気になるシーンがあったら子画面を拡大することもできます!しかも、傾きも検知するようで意外とこだわってます。

子画面を拡大

Slide OverとSplit Viewとの同時使用も可能。

PiPとSplit View

つまり、iPad Air2やiPad mini4であれば2つのアプリを同時使用を越えて3つのアプリを同時に利用することだって可能ということなります。なんだか、iPadじゃないみたい!これが純正のiOS9で提供されるんですから時代は変わったもんです。

スポンサードリンク

子画面をタップするとメニューが表示され、「大画面」「一時停止」「終了」から操作をすることも可能です。

ピクチャ・イン・ピクチャ メニュー

またFaceTimeでビデオ通話をしている時も、ホームボタンを押すと「ピクチャ・イン・ピクチャ」を利用することができ、調べ物をしながらビデオ通話をすることもできかなり便利になりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。