iOS9のiPadでマルチタスク操作が便利なSlide OverとSplit Viewの使い方

スポンサードリンク

iOS9「Slide Over」と「Split View」の使い方

Slide OverとSplit View iOS9

iOS9にアップグレードしたiPadで利用できるマルチタスク機能。その中から「Slide Over(スライドオーバー)」と、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad Proで利用可能となる「Split View(スプリットビュー)」の2つに機能の使い方を紹介します。

Slide Over(スライドオーバー)

Slide OverはiOS9がインストールされているiPadであれば利用可能で、単純に右端から左にスワイプすることで他のアプリを起動させることができ、操作が可能となる機能です。

Slide Overを起動させる方法

そして上端から下にスワイプすることで起動可能なアプリを選ぶことができます。

Slide Over アプリ切り替え

アプリの切り替えも簡単に行うことができます。

Slide Over アプリ切り替え

使い方の例としては、Safariでネットサーフィンをしている時にカレンダーアプリを呼び出してスケジュールの確認をして、さらにスケジュールを追加したりすることが可能となります。

アプリを呼び出す

なので、ネットを閲覧している時にカレンダーやメールを確認したい時わざわざアプリを切り替える必要がなくなり、サッと右側からアプリを起動させて見ることで効率はかなり高くなることは間違いないでしょう。なお、もともと起動していたアプリとの同時操作はできません。

スポンサードリンク

Split View(スプリットビュー)

Split Viewは旧型のiPad(iPad Air、iPad mini3以前)では利用することはできませんが、Slide Overを発展させた機能となっており2つ同時にアプリを操作することができます。

Slide Overでアプリを呼び出した状態で、アプリの境目をタップするとSplit View機能に早変わりします。

Split Viewの起動方法

2画面同時に操作が可能となり効率が向上すること間違いなし!

Split View

Split Viewのアプリの切り替えもSlide Overと同じように画面の上端から下にスワイプすることで行うことが可能です。ただし、現時点では対応しているアプリはAppleの純正アプリだけとなっておりサードパーティー製のアプリでも利用できるようになることに期待したいところでもありますね。

追記:のちに様々なアプリがSplit Viewに対応しました。例えば、Safari を起動した状態でGoogle chromeを起動して2画面でインターネットを閲覧することや、エクセルを起動した状態でメールを開いて作業をするといった操作も可能となります。

さらに、スマートキーボードやApple Pencilを使うことができる「iPad Pro」を使用することでよりPCライクな使い方が可能となっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。