iOS9のパフォーマンス向上はMetalと64bitプロセッサの対応がポイント?

スポンサードリンク
iOS9 対応デバイス

iOS9でパフォーマンスの向上は本当にするのか?

個人的には「iOS9」で期待したい部分としてはiPhone 4sやiPad 2などの旧モデルの動作が軽くなって欲しいというところです。

未だにiPhone 4sは車のiPod用音楽プレーヤーとして、iPad 2は子供がドラえもんやニンニンジャーを見るためのデバイスとしてフル活用をしているのですが、iOS8がインストールされた両モデルは非常に動作が遅くて非常に使い勝手が悪いです。

iOS9プレビューサイト

Appleが日本語版のiOS9プレビューサイトを公開しましたが、パフォーマンスについての記述もされています。

iOS9 パフォーマンス

iOS 9のアプリケーションがMetalを最大限に活用できるようになります。そのためCPUとGPUを一段と効率的に使用でき、スクロールはより速く、アニメーションはよりスムーズになり、全体的なパフォーマンスもより優れたものになります。Eメール、メッセージ、ウェブページ、PDFのレンダリングもさらに高速になり、iPad上でのマルチタスキング機能もなめらかで自然な感覚になります。

このことから、パフォーマンスはiOS8と比較しても向上している可能性がありiOS9にアップデートすることで快適に操作することが実現するかもしれません。

iOS9 betaのパフォーマンスは向上していない?

しかしです。

iOS9のベータ版とiOS8.3をインストールしたiPhone 4sやiPhone 5sの動作比較動画などを見る限りiOS9の方が動作が遅いように見えます。

Metalへの対応がポイント?

これは一体どーいうことなのか…何も変わっていないではないか。一気に不安に陥ります。

Appleのパフォーマンスに関する文章を眺めていて気づいたのですが…

  • Metalを最大限に活用できる
  • CPUとGPUを効率的に使用でき
  • スクロールはより速く、アニメーションはよりスムーズになり、全体的なパフォーマンスもより優れたものになる

と記述されており「Metal」が動作のパフォーマンスに大きく影響を与えるのかもしれません。

iOS8から採用されたグラフィックAPIの「Metal」は64bitプロセッサに対応しており32bitのA5チップやA6チップにおいては関係のない話となります。

つまり、32ビットプロセッサを搭載しているiPhone 4sやiPhone 5、iPad 2〜4、iPad mini、iPod Touch 5においては「Metal」の恩恵を受けることができないことになり、この文章を解読する限りパフォーマンスの向上はされない可能性があるのかもしれません。何よりも、iPhone 4sやiPad 2の動作が改善されるとは全く記述されていませんからね。

では64bitプロセッサを搭載したiPhone 5sのパフォーマンスは向上しているのか?比較した動画が公開されています。

見た感じではiOS9の方が動作が遅いようにも見えます。どうなっているのでしょうかね。…本当にパフォーマンスの向上がされているのか疑問を感じずにはいられません。

正式版でのパフォーマンス向上に期待

もしかすると、各アプリも「Metal」に対応させる必要があり現段階では各アプリはiOS8のものがそのまま搭載されており対応していない…ということも考えられるのかもしれません。

iOS9の正式リリースまで動作改善を願いたいところですが、32bitプロセッサを搭載したiPhone 4sやiPad 2の動作が改善する可能性は低いのかも…しれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。