iOS9のiPad Air2マルチタスク機能の動画が公開!作業が捗ること間違いなし!

スポンサードリンク

iOS9のマルチタスキング機能

iPhoneとiPadの次期OSとなる「iOS 9」はいろんな新機能が追加されていますが、その中でも楽しみな機能の一つとしてはiPadのマルチタスク機能の拡充、2画面分割表示機能です。

iPad Air2 iOS9

MacRumorsがベータ版のiOS9をiPad Air2にインストールし、3つにマルチタスク機能となる「Slide Over」「Split View」「Picture in Picture」を動作させた動画を公開しています。

PiP(ピクチャー・イン・ピクチャー)

PiPは閲覧していた動画などを子画面にすることができる機能です。

PiP iPad Air2

子画面は指で拡大縮小することや自由に移動させることもでき、動画を見ている時にメールが入ってきてもそのまま子画面にしてメールの返信をするというこもできます。

アプリ呼び出し機能「Slide Over」

Slide Overは現在利用しているアプリから画面のサイドから指でスワイプすることで別のアプリを呼び出し表示させることができる機能です。

Slide Over マルチタスク

基本的には呼び出したアプリを表示して使うための機能で元々起動していたアプリを同時に操作することはできません。Safariでネットサーフィンをしている時に予定が気になりカレンダーをスワイプし呼び出して確認を簡単にすることができるという使い方ができます。

また、アプリの切り替えもSlide Overからすることも可能です。

Slide Over アプリの切り替え

これは便利!

なお、PiPとSlide OverはiPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini3で利用することができます。A7チップ以降のモデルで使えるということでしょうかね。

同時操作可能な「Split View」

iPad Air 2の場合はここから最初に起動していたSafariをタップすることで同時操作することができる真のマルチタスキングが可能となります。

Split View iPad Air 2

Slide Overで後ろ側に隠れていたアプリが2画面表示に最適化されて操作することができます。

Split View 同時操作

境界線を移動させることで(70:30)で表示されている画面を(50:50)に変更することもできます。

2画面表示 範囲切り替え

Split Viewを使えば資料を見ながら文章を書くこともできるようになるので、まさにiPadの新しい使い方ができる機能といえます。

スポンサードリンク

フルバージョンを利用できるiPad Air2

メモリを沢山使うのでしょう。Split View機能に関しては2GBのRAMを搭載しているiPad Air2だけで利用することができます。iPad miniは2015年秋にリリースされるとみられるiPad mini 4にてスペックが強化され利用することができるかもしれません。

追記:iPad mini 4がA8プロセッサと2GBのRAMを搭載してリリースしました。プロセッサは1世代前のものを採用していますが、2GBのRAMを搭載したことでSplit Viewを利用することも可能となっていおり、iPad Air 2とほぼ同じことをすることが可能となっています。

また、12.9インチのiPad Proに関しては画面の大きさからまさにマルチタスキングをするためにあるようなモデルで、これらのマルチタスキング機能を使うことで作業性が今までのiPadとは比べものにならないくらい増すことになるでしょう!

iOS9のリリースが楽しみです!

追記:iOS9がリリースされマルチタスキング機能がiPad Air 2、iPad mini 4などで拡充されより使い勝手が向上しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。