iOS9のタッチ操作はPredictive Touch(予測タッチ)技術でより快適に?

スポンサードリンク

iOS9のタッチ操作はより快適に?

iOS9には「Predictive Touch(予測タッチ)」と呼ばれる新しいタッチ技術が搭載されているようです!この技術によってより反応に高い操作感を得ることが可能になるようです!

iOS9 Predictive Touch(予測タッチ)

Predictive Touch(予測タッチ)はWWDC 15の「What’s New in Cocoa Touch」というセッションの中で発表された技術で、描く曲線や速度、加速などの指の動作を予測することでタッチ応答時間を短くすることができ、さらに正確な描画も可能となります。

このCocoa Touch技術はiOSのコアインターフェイスフレームワークとなっており、非常に重要なものになります。

12.9インチiPad Proのスタイラスペンで必要な技術か

12.9インチiPad ProにおいてBluetoothのスタイラスペンがサポートされるのではないかと噂となってますが、Predictive Touch(予測タッチ)はiPad Proのスタイラスペンを快適に動作させるための機能ではないかと見られているようです。

もし、Predictive TouchがiPad Proに必須となるフレームワークであるとすれば、発売はiOS9がリリースされる2015年秋以降ということになりますが…どうなるでしょうかね。

たしかにスタイラスペンの利用においては指でのタッチよりもより正確な応答性や描画が求められます。

個人的にはiPhoneやiPadのタッチパネルの応答性はAndroidスマホと比較してもかなり使いやすいと思っていますが、iOS9に搭載される技術であるPredictive Touchによってさらに操作性がアップする事は非常に喜ばしいことです。

Appleinsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。