iOS8.4とiTunes 12.2が6月にリリースされ新音楽ストリーミングサービスの利用が可能に?

スポンサードリンク
iOS8.4 ミュージックアプリ

新音楽サービスはiOS8.4とiTunes 12.2で利用可能か

2015年6月に開催されるWWDC2015では、Beats Musicをベースとした新しいストリーミング配信サービスが発表されるとみられていますが、同サービスは次期アップデートとなるiOS8.4(コードネーム”Copper”)とOS XではiTunes 12.2から利用できるとしWWDC2015で同時に発表されるとのことです。

iOS8.4ではiTunes Radioも刷新されるそうで有料プランにおいてはで無制限スキップ機能などが搭載されるとしています。

iTunes Radioは現時点ではアメリカとオーストラリアでしか利用がすることができませんが、iOS8.4に搭載されるiTunes Radioにおいては利用出来る国が拡大することが期待されるそうで、日本での利用もできるようになるのか注目されるところです。

なお、新しいストリーミング配信サービスの利用料金は月額8ドル程度を目指していましたが、音楽レーベルとの関係で現行のBeats Musicと同じ月額10ドルでの利用になるそうです。

iOS9のSiriはApple Watch風に?

スポンサードリンク

WWDC2015では次期メジャーアップデートとなるiOS9(コードネーム”Monarch”)の発表がされることが期待されますが、SiriのUIデザインが刷新されApple Watchのようなカラフルなデザインに変更されるそうです。

Apple Watch Siri

他にも新しい壁紙として青と緑のカラースキームを利用したデザインも用意されているとのこと。

Apple WatchのOSのUIデザインでは黒を基調としたものが多くなっていますが、iOS9にて一部のアプリでApple Watchのようなデザインが随所に取り入れられる可能性は高いといえるのかもしれません。

関連
iOS8.4 beta2が開発者に提供開始!新ミュージックアプリ搭載へ!
・WWDC2015でiTunesとBeats Musicを統合した音楽サービスを発表か

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。