iOS8.3とキャリア設定アップデート19.1でVoLTEの利用が可能に!

スポンサードリンク

iOS8.3でVoLTEの利用が可能に

Appleが提供を開始した「iOS8.3」よりLTE回線を利用した音声通話VoLTEの利用が可能になり、すでに各キャリアより提供が開始されている「キャリア設定アップデート 19.1」にアップデートすることでVoLTEが利用可能になります。

キャリア設定アップデート19.1

iOS8.3へのアップデートは「設定」→「一般 」→「ソフトウェアアップデート」でかのうとなっており、キャリア設定アップデートは「設定」→「一般 」に進むとポップアップで更新を促す画面が出てきます。

キャリア設定アップデート 方法

このアップデートでNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル共にバージョンは「19.1」になります。

各社でVoLTEの対応が異なる

VoLTEの対応については各社異なっています。

NTTドコモの場合はキャリア設定アップデートを実施したあとに「設定」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」の中に「音声通話およびデータ」という項目が新たに表示されるので、これをオンにすることですぐに利用が可能になります。

auの場合は、SIMフリー版のiPhone 6/6 Plusで利用する時はオンラインで「auお客さまサポート」→「オプションサービス変更」を選択してVoLTEに関連するオプション「ネットワーク設定オプション」から別途申し込む必要があるようです。

また注意点としてはauはVoLTEの設定を行うことで4G LTEのみの通信となり3Gによる通信が出来なくなります。

追記:不具合情報もありますので注意してください。
関連 iOS8.3でau版iPhone6が電波圏外になる不具合発生!VoLTEが原因か?

ソフトバンクモバイルの場合は、設定項目は追加され「データ通信のみ」の設定になるものの「このアカウントで4G回線による通話機能をオンにするには、ソフトバンクモバイルに問い合わせてください。」と表示されます。

VoLTE ソフトバンク

VoLTEを利用するには別途申し込みが必要になるようで、ソフトバンクでVoLTEを利用時は「SoftBank 4G LTEエリア」のみで通信可能となり「SoftBank 4G」は使えなくなるというデメリットもあります。

追記:キャリアの詳しい設定方法を記事にしました。

ケータイWatch週間アスキー
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。