削除できないApple Watchアプリのアイコンを消して非表示にする方法【iOS8.2】

スポンサードリンク

iOS8.2で強制的にApple Watchアプリが出現!

iOS8.2にアップデートすると自動的にApple Watchアプリが付属してきます。

まだ発売もされていないのに何でApple Watchアプリが出てくるんだ…って思いたくなりますが、アプリを開くとApple Watchの動画などを見ることができ、さらに予約開始の4月10日以降にここから予約が出来る…そんな仕組みになっているようです。

iOS8.2 Apple Watch アプリ

もちろん、Appleの純正アプリなので削除することができません。しかし、ある方法を使えば削除は出来ませんが次に再起動をするまでの期間限定でApple Watchアプリのアイコンを非表示にすることができます。

Apple Watchアプリのアイコンを消す方法

スポンサードリンク

まず最初にホーム画面の最後のページのアプリアイコンを一杯に埋め尽くします。少し面倒ですが頑張りましょう。

アプリでホーム画面を埋め尽くす

次ページのホーム画面のApple Watchアプリをひとつだけ置きます。

Apple Watchアプリをひとつだけ置く

Apple Watchアプリを長押ししてアイコン移動モードに切り替えて前のページに行って指を離さない状態で好きなアプリの上にApple Watchアプリをもっていきます。

フォルダの作成する

新規フォルダ作成画面に切り替わりますが、ここではApple Watchアプリを置かずにそのままアプリを持った状態でフォルダ枠外の下にスライドをします。この状態でも指は離さないでください。

アプリをフォルダの枠外に

さらに掴んだままのApple Watchアプリを下にスライドさせDOCK部分にまで持っていきます。

アプリをDOCK部分に移動

するとApple Watchアプリのアイコンが消えてしまいます。

Apple Watchアプリアイコンが非表示に

なんとも不思議な現象なのですが、これはバグとして他のApple純正アプリを消す方法として知られているものです。なのでApple Watchアプリ以外の消せないアプリでも同じように非表示にすることが可能です。

アプリを復活させるには再起動をすることで可能となっており、アップデートの度、またはクラッシュして再起動をした時には毎回復活してしまうのですが「目障りだ!」という方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。