iOSアプリの64bit対応必須についてAppleが再び開発者に通知

スポンサードリンク

2月1日よりiOSアプリは64bit対応が必須に(申請時)

2015年2月1日からApp Storeに審査をするiOSアプリは64bitをサポートし6月1日からはXcode 6以降に搭載されている「iOS 8 SDK」で開発することか義務付けられますが、Appleが再び開発者に対して通知をしているそうです。

11613 4683 150119 iOS 8 64 l

AppleがiOSアプリの要件として64bit化が必須になることを通知したのは2014年10月のことで、15年2月になる前にもう一度、通知をすることで混乱がなくなるように配慮したのかもしれません。

現在販売されているiOSデバイスは64bitが主流

世界初のモバイル64bitプロセッサであったA7チップがiPhoneに採用されたのは2013年9月に発売されたiPhone 5sで、現在の主流機種となっているiPhone 6/6 Plus、iPad Air/Air 2、iPad mini2/mini3は64bitプロセッサが搭載されています。

スポンサードリンク

iOSアプリが64bitプロセッサへ対応させることがアプリのクオリティが上がるというわけではないでしょうが、現時点では64bitと32bitの二つに対応させるためファイルサイズが大きくなっています。

Appleとしては少しづつ32bitだけしか対応していないアプリを減らしていって、32bitプロセッサを搭載しているiPhone 5/5cなどの機種が減った時にスムーズに64bitアプリのみに移行したいという狙いがあるのかもしれません。

32bitのプログラムが必要なくなればファイル容量は一気に減ることになるので、はやく64bit化を進めて欲しいものです!

AppleInsider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。