iPhoneやiPadからMacをリモート操作できるChrome Retmote Desktopの使い方

スポンサードリンク

iOS版「Chrome Retmote Desktop」がリリース

GoogleがiOS版リモートデスクトップアプリ「Chrome Retmote Desktop」をApp Storeで配信を開始しています。

Chrome Retmote Desktopの使い方

Chrome Retmote DesktopはPCやMacのChromeストアからChrome リモート デスクトップ」をインストールすることで、iPhoneやiPadからPCやMacを遠隔操作ができるようになるアプリで2014年4月にAndroid版が登場しており、今回のリリースでようやくiOSでの利用も可能となりました。

早速、MacとiPad Air 2とiPhone 6を使って「Chrome Retmote Desktop」を使ってみましたが、かなり快適に動作しタッチパネルでの操作もそこそこ使えるので、簡単に遠隔操作したい場合はとても良いアプリといえそうです。

Mac側の設定

まず、ブラウザ「Chrome」のウェブストアから「Chrome リモート デスクトップ」をインストールします。

Chrome リモート デスクトップ

Googleアカウントを入力してログインをします。

Googleアカウント

「Chrome Retmote Desktopが次の許可をリクエストしています」と表示されるので承認します。すると次の画面が表示されるので「マイパソコン」を選択します。

Chrome Retmote Desktop マイパソコン

「リモート接続を有効にする」を選択します。

Chrome Retmote Desktop リモート接続

すると、Macにドライバー「Chrome Retmote Desktop Host」のインストールを促されるので、指示に従いインストールします。

2015 01 13 9 40 48 Chrome Retmote Desktop Host

Chrome Retmote Desktop Hostのインストールが終わると、引き続き設定が可能になるので次に進みます。

PINコードの設定をします。iPhoneやiPadから接続するときに必要となるPINコードなので忘れないようにしましょう!

Chrome Retmote Desktop ピンコード

最後に先程設定したPINコードを「Chrome Retmote Desktop Host」に入力します。これでMac側の設定は終了です!

スポンサードリンク

iPhone・iPad側の設定

App StoreからChrome Retmote Desktopをダウンロードしインストールします。

Chrome Retmote Desktop

Mac側でログインしたGoogleアカウントにログインすると、すでに先程設定したMacの名前が表示します。

マイパソコン

これをタップするとPINコードの入力を求められるので入力し接続します。

ホストへの認証

これで、iPhone・iPadからMacのリモート接続が可能になり操作することができました!

Chrome Retmote Desktop リモート接続

無料でここまで簡単にリモート接続ができるとは、ちょっと驚いてしまいました。タッチパネルでの操作も問題なく拡大縮小、スクロールなどの操作も可能です。また、マウスのアイコンをタップすればマウス操作もでき、意外と自由自在に操作ができそうです。

LTE回線でも動作しました

Wi-FiだけじゃなくLTE通信でも少しだけ遅延はありますが、問題なく動作しているので実用性はかなり高そうです。ちょっと外出している時にMacやPCから作業をしなければいけなくなった時に便利かもしれません。

Chrome Retmote Desktop LTE電波でも使用OK

ただし、Macをスリープ状態にしたり外部ディスプレイに接続していたらうまく動作しないみたいなので注意が必要です。

追記:さらに性能が上がったiPhone 6sシリーズやiPad Pro(9.7インチ・12.9インチ)からリモート操作をすることで、さらに快適な動作速度を得ることができるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。