iOS8.1.1「電池の減りが早い不具合」は残量表示がおかしい可能性も

スポンサードリンク

iOS8.1.1の電池消耗問題は残量表示の異常か?

iOS8.1.1にアップデートすることで電池の減りが異常に速くなったように感じましたが、バッテリーの残量表示がおかしいのではないかという声が続出しているようです。

iPhone バッテリー表示

同アップデートはiPhone 4sとiPad 2のパフォーマンスが改善されるという内容のもので確かに僅かながら快適性は向上しました。しかし、他のデバイスを使っているユーザーにとっては電池の異常減少という不具合がついてきただけのものとなってしまったようです。

関連 iPhone 4s(iOS 8.1.1)はディスクやメモリの書き込みなど基礎部分が最適化か!

この問題は、iOS 8.1.1をインストールしたiPhoneでいつもと変わらない使い方をしているにも関わらず異常なスピードでバッテリー残量が減るというもので、僕が使っているiPhone 6でも電池の減りが早くなりました。

関連 iOS8.1.1の評価は高いがバッテリーの減りが早い?iOS 8.1.2に期待…!

そんな中、iOS 8.1.1にアップデートしたユーザーさんで多く声が挙がっているのがバッテリ残量の表示がおかしいというものです。具体的には、突然残量が少なくなったり多くなったりするもので例えば20%だった残量が突然40%に復活するといった症状のものです。

やはりバッテリーの残量表示の部分に何らかの不具合がある可能性が高そうです。

過去にも同様の不具合が

スポンサードリンク

電池残量の表示がおかしい問題は、過去にもiOS 7.0.6にアップデートされた時に確認されています。

関連 iOS 7.0.6アップデートで電池の減りが早くなる不具合?表示問題?

この時はSSL脆弱性に対処した小規模アップデート(iOS 7.0.4→iOS 7.0.6)で今回と同様の規模のアップデートです。何らかのバグを修正しただけで簡単に電池表示がおかしくなってしまうということなんでしょうか…。いずれにしても次期アップデート(
iOS 8.1.2?)で修正されることに期待したいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。