iCloudフォトライブラリで写真の共有化とiPhoneの容量を節約する設定方法

スポンサードリンク

iCloudフォトライブラリでiPhoneの容量を節約する

iOS 8.1の提供が開始され新機能である「iCloud 写真(iCloudフォトライブラリ)」を利用することができるようになりました。同機能を使うことで全てのデバイスで写真と動画を共有することができ、iPhoneやiPadのストレージ容量を節約することができます。

写真を撮影をしている方でiPhoneのストレージ容量が16GBなど少ないモデルを使っていて、さらにMacやPCを持っていない方は同機能を使うことをオススメします。

また、iPhoneを新しいモデルの機種変更したときに古いiPhoneに溜まった写真も自動的に新しいiPhoneに転送してくれるので、かなり便利な機能と言えるのではないでしょうか。iCloudフォトライブラリはiOS8.1以降で利用することが可能となっています。

設定方法

「設定」→「写真とカメラ」から「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。(現在は正式版となりBetaの文字はありません。)

iCloudフォトライブラリ iOS

これだけで、iCloudフォトライブラリを利用することが可能となり、iPhoneに保存されている写真がiCloudフォトライブラリにアップロードされます。

iCLoudフォトライブラリの設定

もし写真の数が多くてiCloud Driveの容量が不足している場合は警告が出てきます。

iCLoudのストレージ容量が不足

その場合はiCloud Driveの容量を有料で購入する必要があるので予算が許すならそのまま購入手続きを行います。僕は月額100円の20GBプランを選択しました。

iCloudの容量を増やす

iTunes MatchにiCloud Driveに定期的にAppleさんに支払うお金が増えているような…上手い戦略ですね..!

iCloud.comで写真を確認

Web版のiCloud.comから、iCloudフォトライブラリからアップデートした写真を閲覧したり削除したり、Macにある写真を簡単にアップロードすることができます。

iCloud.com

まだベータ版のようですが「写真」アプリが追加されています。(現在は正式版となりbetaの文字は表示されていません)

起動するとiOSの写真アプリと同じUIが表示され、ここから写真をデスクトップ上にある写真をアップロードしたりダウンロードしたりすることが可能となっています。(追記:iOS8.3から正式版となっています。)

iCloud.com 写真

OS X Yosemiteでは今のところiCloud.comにアクセスするしかありませんが12月頃に新しい写真アプリ「Photos」でiCloudフォトライブラリの管理をすることも可能になります。(追記:OS X 10.10.3から正式にMacにもでiCloudフォトライブラリに対応した写真アプリが使えるようになりました。)

なお、現状の「iPhoto」を起動するとiCloudフォトライブラリをオンにしてもフォトストリームは動作しているようです。

iPhotoの画面

写真削除すると全て消える

基本的にはiCloudフォトライブラリをオンにするとiPhoneに入っている写真とiCloud上に同期される写真は紐付けがされているので、iPhoneやiPad、iCloud.comのどのデバイスから写真を削除してもiCloudフォトライブラリの写真も削除される仕組みとなっています。

写真を削除する

つまり、iCloud上に画像を保存をしてiPhone側だけを削除するということは出来ない仕組みとなっています。

「ストレージの節約が出来ないじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが安心してください。iCloudフォトライブラリには自動的に写真の容量を調整する機能が備わっているので、そう簡単に容量が圧迫されることはありません。

スポンサードリンク

iPhoneの写真サイズを自動調整

64GBや128GBのiPhoneを利用しているユーザーは関係ないかもしれませんが、16GBのiPhoneを使っているとストレージ容量の圧迫は死活問題となります。

iCloudフォトライブラリにはアップロードした画像をiPhoneに適したサイズに縮小して保存しておくモードが搭載されており2つから選択することができます。

  • iPhoneストレージを最適化
  • オリジナルをダウンロード

容量を節約したい場合は「iPhoneストレージを最適化」を選択します。するとそれぞれのデバイスの解像度に合わせた写真がダウンロードされ容量を節約することが可能です。

オリジナルと最適化された画像ではどれほどの容量に差があるのかこちらの記事で試してみましたので参考にしてください。

カメラロールは再び消えます

なお、iCloudフォトライブラリをオンにするとiOS 8.1で復活をした写真の「カメラロール」の項目が再び消えてしまいます。iCloudフォトライブラリの考え方としては全てのデバイスで同じ写真を共有することにあるのでカメラロールという概念が必要ないのかもしれません。

追記:OS X Yosemite 10.10.3よりMacにも写真アプリが搭載!

OS X Yosemite 10.10.3よりiPhotoから刷新された新しい写真アプリが利用できるようになりました。基本的な使い方やUIデザインはiPhoneやiPadと同じ感じになって動作が非常に軽く動作するため非常に使いやすいアプリになっています。

スポンサードリンク

iOSの便利な機能と使い方

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。