iOS 8のアプリが落ちる!クラッシュ率がiOS 7の78%高いことが判明!

スポンサードリンク

iOS 8のアプリのクラッシュ率が高い!!

9月17日にリリースされた「iOS 8」は「iOS 7」と比較してアプリのクラッシュ率が78%も高いという調査結果をCrittercism社が報告しています!

iOS 8にアップデートをしてからFacebookやTwitterなどのアプリを始めOS自体が再起動をしてしまう現象がよく見られますが、数字としてもクラッシュ率が高くなっていることが明らかになったようですね。

再起動 iOS 8

調査結果によると、iOS 8のクラッシュ率は最高で3.56%になっており、特にiPhone 4s/5/5sなどの旧機種に対してのクラッシュ率が高くなっている傾向があるようです。

2014 09 2218 13 18 620x153

iPhone 6が2.63%、iPhone 6 Plusが2.11%に対して旧機種が3.57%とかなり数値が高くなっていることがわかります。

iOS 8のアプリのクラッシュ率が高い!!

iOS 7がリリースされた当初もiOS 6と比較してもかなりクラッシュしていた印象がありましたが、同社が調査した結果はiOS 7.0で2.1%というクラッシュ率でした。その後、iOS 7.1がリリースされ1.6%まで安定することになったのですが、iOS 8ではiOS 7の初期バージョン以上のクラッシュ率となってしまったようですね。

関連記事 iOS 7.1はiOS 7.0と比較してクラッシュ率が低く動作が安定しているよう!

iOS 7も1年かけて安定したOSに仕上がりましたが、iOS 8で再び安定性を失うことになりました。iOS 7からデザイン面ではほとんど変更はなかったので安定しているのかと思いきや、連携機能などコアな技術をふんだんに導入したことでOSが不安定になってしまったということなんでしょうか。

年々初期段階のiOSの安定性が低くなっているようにも感じますが、iOS 8の不具合を改善したiOS 8.0.1はおそらく早い段階でリリースされることになりそうです。

関連記事 iOS 8の不具合などまとめ

気になる、記になる…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。