Wi-Fiが不安定になったのはiOS 8の不具合?その他のバグもまとめたよ!

スポンサードリンク

iOS 8のWi-Fi接続が不安定!

iOS 8が公開されて数日経ちましたが、不具合もいくつか報告されているようですが、個人的に利用していて思うのが、Wi-Fi接続がもの凄く不安定になったことでしょうか。

iPhone

世間ではiPhone 6を購入したらLTE接続は快適だけどWi-Fi接続がもの凄く遅いという声が多数聞かれます。

僕の場合はiPhone 5sとiPhone 6どちらもWi-Fiの速度が遅い感じがしたので端末の問題ではなくiOS 8かそのアプリがiOS 8に対応していないことによる不具合のように感じます。

ちなみに、Wi-Fi速度が遅いというかポツポツと接続が切れる感じでしょうか。繋がっている時はすこぶる速度は出ているのでiOS 8になったことで接続が不安定になったという表現の方が正しいかもしれません。

Twitter上でもWi-Fiの接続が不安定という声が多数あります。

ルーターのDHCPをオフにして解決したという声もあります。

まだiOS 8が正式にリリースされて数日なので多数のアプリが最適化されていないでしょうから、このような不具合が出ることは仕方のないことなのかもしれません。

特に、今回はメジャーアップデートで不具合が生じる可能性はかなり大きいので不安を感じる方はiOS 7をしばらく使用して落ち着いてからアップデートをしたほうがいいかもしれませんね。

追記

Wi-Fiのネットワーク設定を一度削除して再度設定をし直したら改善する可能性がありますので一度試してみてもいいかもしれません。

現時点で明らかになっているiOS 8に不具合をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

バッテリーの減りが早い

OSがアップデートされると必ず指摘される項目ですね。特に、アップデート仕立ての時はOSがバックグラウンドで最適化をしていることもありバッテリーの消耗が激しいようです。

アプリが起動出来ない、落ちる

iOS 8に対応しているアプリがまだ少ないので起動すらできないアプリが存在するようです。起動出来てもすぐに落ちるアプリも。

この現象はiOS 6からiOS 7にアップデートされた時にもあったことで、アップデートがある限りこのような問題は無くなることはないでしょう。

ホーム画面のアイコンが表示されない

まれにホーム画面のアイコンが表示されないという現象も発生するようです。

これは凄いですね…!

起動ができないなら理解出来るのですが、アイコンの表示くらいしてくれてもいいと思ってしまいます。個体差でこのような不具合が出るってどーいうことなんでしょうかね!

追記:iOS 8のクラッシュする確率がかなり高いことが判明しました。僕もFacebookのアプリが落ちたり再起動が掛かったりとかなり不安定な状況となっています。

iOS 8.0.1での改善に期待!

その他にも写真や音楽のデータが消えてしまったという不運なユーザーもいるようですが、OSのアップデートはiPhoneに限らず基本的にはバックアップを取ってから行うことが原則ですからこの辺りは注意しなければならない点です。

iOS 7.1.2がかなり快適に動作をしていてくれていたこともあり、iOS 8でかなり荒さが目立ってしまっているという印象ですが、おそらくiOS 8.0.1が早い段階で公開されることになるのではないでしょうか。


追記:9月25日 iOS 8.0.1をリリース

AppleがiOS 8.0.1をリリースしました!特にWi-Fi接続の不安定さに関する記載はありませんが、改善されていることに期待したいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • iPhone6プラスにして酷い状態です。
    電話を掛けると 落ちたり、アプリも落ちる 何もしてないしのに しらない間に電源落ちしていたり しょっちゅうリセット掛けています。

    • iPhone 6もアプリがよく落ちます…!再起動も気づかない間に掛かっている時がありますね。早く、iOS 8.1で解決して欲しいものです。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。