AppleがWi-Fiを利用した位置情報システムの特許を取得!

スポンサードリンク

Appleが新しい位置情報システムの特許を取得!

AppleがGPSとWi-Fiアクセスポイントと正確な位置情報のデータベースを利用してモバイルデバイスの正確な位置情報を提供することができる特許を取得した事がわかりました。

13 03 23 WifiSLAM

取得した特許は「位置情報のデータベースを使用したモバイルデバイスの位置を決定」というもので、一つまたは複数のWi-Fiアクセスポイントの接続情報からモバイルデバイスの位置を正確に判断するというものです。

この特許はGPSを受信することができない状況下でも、正確に位置情報を割り出すことができるすシステムで、屋外はもちろん屋内でもマップの活用が期待できます。

Appleは2013年3月にWifiSLAMという屋内GPSの技術を持っている企業を2000万ドルで買収をしているのですが、取得した特許と非常ににたシステムをもっているそうです。Appleは同特許を2010年の初頭に申請をしています。

iOS 8から新しい地図システムを搭載か?

以前から次期モバイルOSのiOS 8は地図アプリが進化を遂げることが噂されていますが、iPhoneの地図アプリを屋内で活用できる新しい使い方が提案される可能性がありそうです。ただ、これらの機能を使うにはiPhone 5sから搭載されているA7チップ+M7チップのプロセッサでないと使えない可能性もありそうです。

Apple Insider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。