ソフトバンクだけ「iOS7」で電波の表示名称がLTEから4Gに変更されていた!何故?

スポンサードリンク

ソフトバンクだけ「iOS7」で電波の表示名称がLTEから4Gに変更

「iPhone 5s」を手にしてから違和感をずっと感じていたこと…それがようやくわかりました。「iOS7」にアップデートをしてからソフトバンクの電波表示が変わっている事に気づきました。

「iOS6」まではソフトバンクのアンテナの隣には「LTE」と表示されていました。しかし、「iOS7」からは「4G」に表示が変更されているようです。

ソフトバンク 4GLTE

..なぜ?!

NTTドコモとauは今まで通り「LTE」の表示となっているようです。

ソフトバンクはiPhone向けにFD-LTE方式の「4G LTE」、Android向けにAXGP(TD-LTE)方式の「SoftBank 4G」の二つのサービスを展開していますが、「iOS7」になったとしても「4G LTE」に間違いありません。だから「4G」でも間違いではないのですがなぜわざわざ「4G」に変更する必要性があったのでしょうか。(どちらもLTEなんですけどね..)

厳密にいうと現行のLTEは「4G」ではありません。正式に「4G」として認められている規格はLTEの進化版の「LTE-Advanced」とUQの「WiMAX2+」のみとなっています。しかし、2010年の12月に国際電気通信連合がLTEを4Gと呼んでもいいよと認可したため各キャリアのサービス名に4Gも文字が入っています。

しかし、NTTドコモはLTEのことは一切「4G」と呼んでおらず王者の貫禄でしょうか。auは「au 4G LTE」、SoftBankは「SoftBank 4G LTE」というサービス名を利用しています。

個人的には次世代LTEである真の4G規格「LTE-Advanced」が導入されてから4G表記にすれば良かったのではないのかなーと思いますが、何か意図があったのでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 単に表示領域の問題ではないでしょうか。docomo KDDI→au SoftBank 一番長いのがソフバンなので。KDDI→auは特に必要はなかったのかもしれませんがauの方がキャッチーなので。かな。

  • SoftBank版iPhone 5を使用しています。iOS7にしたのを境に広い範囲で今まで3G表示だったところが一気に4Gになりました。そこで思ったのですが今回からはHSPA(3G)も込みで4Gと表示されているのではないでしょうか。
    またAT&TはiOS5の4SでもHSPAでは4Gと表示されるようになっています。
    もしそうであるなら日本の3キャリアを比較する際に4Gエリアの広さでSoftBankが見かけ上優位になるのを狙ったのではないかと…SoftBankの宮川氏も快適に使えれば3GでもLTEと変わらないという発言もありましたのでこのように推測しています。

  • Softbankのキャリアプロファイルでは、”DataIndicatorOverridefoeLTE”の値が”4G”となっていますので、単純に今までのLTE→4Gに言い替えて表示しているようです。ソフトバンクには「4G」サービス (TD-LTE,2.5GHz帯,iPhone非対応)もありますので、将来への布石では。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。