「Parallels Access for iPad」でMacをリモートアクセスし操作【レビュー】

スポンサードリンク

「Parallels Access for iPad」をインストール

Parallels Desktop 7/8ユーザーが「Parallels Desktop 9 for Mac」にアップグレードするとiPadアプリ「Parallels Access for iPad」が6ヶ月間無料で利用できるので早速インストールして使ってみました。

「Parallels Access for iPad」はiPad上からMacやWindowsにリモートアクセスでき直接アプリケーションを起動操作する事ができるものです。

使い方は簡単で、まず母体となるMacやWindowsにエージェントプログラム「Parallels Access Agent」をインストールします。これは、「Parallels Desktop 9 for Mac」にアップデートした時に自動的にインストールされます。(サブスクリプションを購入した場合)

Parallels Access Agent

そして、App Store から iPad に「Parallels Access」をインストールし、パラレルズに登録してあるEメールとパスワードを入力するだけで使用することができるようになります。

Parallels Access for iPad ログイン

アクセス出来るコンピューターが表示されます。今回はMacBookProをリモートアクセスしてみます。

Parallels Access for iPad アクセス

「App Launcher」からMac内のアプリを起動する事ができるようです。

Parallels Access for iPad App Launcher

問題なくAdobeのIllustratorを起動することができました。iPadから操作することは難がありますが。

Parallels Access for iPad macにアクセス

アプリの切り替えも「App Switcher」で簡単に切り替える事が可能となっており、終了も「×」をクリックするだけで終了することができ、iPadの操作感でMacを扱うことができそうです。キーボード入力もちゃんとFキーも表示されており問題ありません。

動作速度も思ったほど遅くないです。

ただ一つ気になったのはリモートアクセスしたMacは「MacBook Pro with Retina 15」モデルだったのですが、iPadに表示される画面がRetina表示ではありませんでした。

あと、根本的にどのような時にこのアプリを活用すれば良いのか….わかりません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。