Appleの次期モデル(iPhone8/Siriスピーカー/iMac/Apple Glass)の情報をFoxconn内部関係者が公開

スポンサードリンク

Appleの将来のデバイスに関する情報が公開

Appleが次期モデルとしてリリースするとみられるiPhone8やiMac、そしてSiriスピーカーなどの情報をiPhoneなどの生産をしているFoxconnの内部関係者を名乗るFoxconninsiderという人物がRedditにて公開していることが明らかになりました。公開している情報はiPhone 8、新型iMac、新型MacBook、Siriスピーカー、メガネ型のデバイスApple Glassの4つです。

iPhone 8のTouch IDはディスプレイ内蔵型

iPhone 8はホームボタンが撤廃されてディスプレイの大きさが拡大されることが以前から情報ですが、一部で背面部分にTouch IDが搭載されると噂されています。しかし、FoxconninsiderによるとEVT(エンジニアリング検証テスト)の段階では背面部分にTouch IDが搭載されることはなく、ディスプレイに埋め込まれているとのことで、精度はかなり高いものになっているようです。

iPhone8 モックアップ

新型iMacの大幅刷新は2018年以降

Appleが新型のiMacの開発をしていることを明らかにしていますが、2017年にリリースされるiMacではデザインは変更されることはなく、2018年にリリースされるiMacで大きくデザインが変更されるとのこと。iMac 2018はAppleが開発をしているマイクロLEDのディスプレイが採用され黒仕上げガラス素材を採用したモデルも登場する可能性があるようです。

将来のMacBookはe-Inkキーボード採用か

MacBookに関しては2017年は内部アップデートのみとなりますが、将来のモデルでは大きなモデルチェンジを計画しているようで、電子ペーパーのe-Inkキーボードが採用される可能性があるとのこと。また、外部キーボードのMagic KeyboardにはTouch Barが搭載されるようです。

Siriスピーカー

WWDC 2017で発表されるとみられる音声アシスタントSiriを搭載しているSiriスピーカーですが、円柱型のMac Proに似たデザインが採用されているようです。カメラとディスプレイを搭載したバージョンもテストされていたようですが、最終的にはスピーカーのみを搭載したモデルになるとのこと。

Google HomeやAmazon Echoも円柱型のデザインをしているので、AppleのSiriスピーカーも同じ路線のデザインが採用されることになるのかもしれません。円柱型のスピーカーは360度どこにいても同じように音が聞こえるので、このような家電デバイスの核となる製品と相性がいいのかもしれません。

SoundLink Revolve

僕もBoseのSoundLink Revolveを愛用していますが、どこにいても良い音を楽しむことができるので、とても重宝しています。

スポンサードリンク

Apple Glass

Appleのメガネ型のARデバイスとなるApple Glassはテストの初期段階に入っており、2019年にはリリースされるかもしれないようです。セルロースアセテート樹脂を採用したフレームを採用し、骨伝導モジュール、加速度センサー、複数のマイクロホンを搭載してるとのこと。

さらに情報をプリズムで表示させる機能も搭載されており、加速度センサーを使うことで頭の傾きで操作することができるよういなっているようです。

まとめ

Apple Glassに関してはまだまだ開発中のデバイスなので実際にリリースされるかどうかは分かりませんが、iPhone8やSiriスピーカーに関しては情報通りリリースされることは間違いなさそうです。

個人的には新型のiMacがどのようなデザインで登場するかが非常に気になっています。MicrosoftのSurface Studioが挑戦的な製品になっているので、Appleにもこれくらい挑戦して欲しいところですね。

Reddit9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。