Apple、MacBook Pro/Air 2011とiPhone 3GSをサポート終了か

スポンサードリンク

2011年のMacBookシリーズとiPhone 3GSがサポート終了へ

Appleが2017年6月30日をもって2011年モデルのMacBook ProやMacBook Airと2009年6月に発売されたiPhone 3GSのサポートを終了すると9To5Macが手に入れたという内部資料によって明らかになりました。

MacBook ProとiPhone3GS

今回サポートが終了するモデルは以下のモデルが対象となっています。

Apple サポート終了製品 2011年
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2011)
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, mid 2009)
  • AirMac Express 802.11n
  • iPhone 3GS (16GB / 32GB)

サポートが終了することによってビンテージ製品とオブソリート製品となります。ビンテージ製品は製造中止から5年以上7年未満の製品のことで、例外を除きハードウェアサービスを終了することを意味し、オブソリート製品は製造中止から7年以上が経過した製品で例外なくオブソリート製品に対するハードウェアサービスを終了し修理部品の発注もできなくなることから修理することができなくなります。

スポンサードリンク

2011年のMacBookシリーズは使っている人が多そう

2009年にリリースされたiPhone 3GSを現役で使用している人はさすがに少数だとは思いますが、2011年モデルのMacBook ProやMacBook Airについてはまだまだ現役で利用している人はいるのではないでしょうかね。特に17インチモデルに関しては2011年に発売されたのが最後のモデルとなっています。

ちなみに我が家もまだ15インチのMacBook Pro 2010が現役で稼働しています。

(上記画像が2010年モデルのMacBook Proです。OSがOS X Mavericks 10.9.5 なので少々不安なのですが、使えなくなるアプリケーションがあるので仕方なくMavericksを使用しています。)

さすがにHDDはSSDストレーズに換装していますが、まだまだ現役で使用することができますね。最近のパソコンは物持ちが良いのですよね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。