WWDC 2017で10.5インチiPad ProとSiriスマートスピーカーを発表か

スポンサードリンク

WWDC 2017で10.5インチiPad Proとスマートスピーカーを発表か

Appleが6月に開催を予定しているWWDC 2017では最新OSの発表に加えて10.5インチのiPad ProとSiriを搭載したスマートホームスピーカーを発表する可能性があるとKGI証券のMing-Chi Kuo氏が報告をしています!

iPad ProとBoseスピーカー

10.5インチiPad Proは70%の確率で発表される

10.5インチの新型iPad Proは4月から6月には量産を開始し、タイミング的にWWDC 2017で発表されるのではないかと予想しているようで、70%の確率でお披露目されるのではないかとのことです。

10.5インチのiPad Proは9.7インチのiPad Proと同サイズの筐体にベゼルレスディスプレイを採用することでより大きな画面になるというものです。これは噂されているプレミアムモデルとなるiPhone 8も同じ手法で画面の大型化がされるとみられています。また、10.5インチiPad Proの2017年の出荷台数は500万台から600万台を予測しています。この台数はiPadの出荷台数の15%を占める事になります。

スポンサードリンク

スマートホームスピーカーは50%の確率で発表される

Siriを搭載したホームスマートデバイスにもなるスマートホームスピーカーは50%の確率でWWDC 2017で発表されるのではないかと予想しているようです。実際に発売されるのは2017年末になりそうですが、WWDCで発表する事で開発者が製品のサポートをする時間が与えられる事になるようです。

なお、Siri搭載のスピーカーと言われていますが競合のAmazon Echoと同様にタッチパネルを搭載したデバイスになるようです。

Appleが開発するSiri搭載のスピーカーはどのようなものに仕上がるのか個人的にかなり楽しみです。スピーカー部はBeats Pillをベースとしたものになるのでしょうかね。となれば、そこそこ音質は良いかもしれませんね。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。