Apple TV(第5世代)は4K解像度の出力に対応し2017年中にリリース?

スポンサードリンク

Apple TV(第5世代)は4Kに対応か

Appleが2017年中には第5世代となるApple TVを4Kに対応してリリースされることになるとBloombergが伝えているようです。

Apple TV

Apple TV(第5世代)は「J105」とうコードネームで呼ばれており、4K解像度の出力に対応し色表現が鮮やかになるなど映像表現において向上が図られるとのことです。

これは4Kテレビの価格が下がってきたことで、一般家庭に4Kテレビが普及し始めていることを意識していると言ってもいいでしょう。実際に、4Kテレビは安いものなら10万円前後で買うことができるまで手に届くものになっています。

4K解像度を出力するためには負荷が高くなるため、それなりの性能を持ったプロセッサを搭載する必要がありますが、iPhone7に採用されているA10 Fusionチップであればそこそこそれなりに動作するのではないかと思います。

スポンサードリンク

Apple TVでのリビングに革命を模索

AppleはApple TVでリビングでの革命を起こすために模索をしており、ストリーミング型のテレビ放送のサービスを計画していましたが主要のケーブルテレビとの契約を確保することができなかったため、計画は頓挫してしまいます。

また、MicrosoftのXboxとSONYのPlayStationとの競争力を高めるために、Apple TV (第4世代)にゲームコントローラーを付属する計画もありましたがコストの問題で実現には至っていません。

Apple TV(第4世代)が登場した時に、iPhoneでモバイルデバイスのゲームの主権をとったAppleは据え置き機にも攻め込むのかと期待していたものの、蓋を開けてみるとiPhoneのように次々と新しいゲームが開発されることもなく、微妙な感じになっていますよね。

最近、AppleはAmazon Fire TV部門にいたチーフ・Timothy D. Twerdhal氏を開発メンバーに迎え入れました。これにより、次期Apple TVが魅力的なデバイスに生まれ変わることができるのか注目ですね。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。