トランプ次期大統領がAppleにiPhoneを米国で製造するよう働きかける

スポンサードリンク

トランプ氏がApple製品を米国で製造を働きかける

次期アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏がAppleのティム・クックCEOにAppleのiPhoneやMacの製造をアメリカで製造するように働きかけていることが明らかになりました!

MacBook Pro と iPhone7

ドナルド・トランプ氏はすでに電話でティム・クックCEOに「私にとって真の業績になるであろうことの一つはAppleに多数の工場をアメリカ国内に建設してもらうことだ。中国やベトナムではなくここでApple製品を作ってもらうことだ」と伝えているそうです。

これに対してティム・クックCEOは「それは私も分かる」と回答し、さらにドナルド・トランプ氏はAppleに税制優遇措置を設けることに言及したそうです。

製造コストの上昇と人材確保の難しさ

シラキュース大学の情報学部教授・Jason Dedrick氏によると、もしAppleがアメリカに製造拠点を移すことになれば端末一台あたりの総コストが30〜40ドル上がるという試算をしているようです。

スポンサードリンク

もしアメリカに製造拠点を移すことになった場合、コストがもっと上がるのかなと思っていましたが数値としては意外と少ないもんですね。これに税制優遇を受けることになれば、アメリカでの製造するということもあり得る話になってくるのかもしれません。

現在、Appleはテキサス州オースティン郊外の工場にてMac Proの組み立てを行なっています。しかし、Appleが中国などで生産を続ける理由の一つとしてコスト以外に、優秀な人材をアメリカでは確保することができないということもあるようです。

確かに、電子機器はアジアを中心に様々な企業が切磋琢磨していることを考えると、アジアでの製造拠点は未来を見据えた開発にとっては非常に重要な場所とも言えるかもしれません。

Appleはベトナム中部のダナンに10億ドルを投資しデータセンター、開発拠点などを整備することも明らかになっています。

CNET Japan
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。