次世代のレーザー投影キーボードの特許をAppleが取得か?

スポンサードリンク

Appleがレーザー式深度センサーの特許取得

アップルが、レーザー式深度センサーに関する特許を申請しているそうです。この特許技術は、レーザー投影キーボードや高精度のカメラオートフォーカスが実現可能になるようです。

レーザー式深度センサー 特許

この特許は、カメラとレーザーユニット装置で構成されておりカメラの視野とレーザー照射範囲が重なるように配置されています。これにより、対象物にあたって反射したレーザーをカメラのセンサーで読み取って解析を行い、対象物までの距離及び深度(奥行き)を測定することが出来るというものです。

商品化はされている

下記の画像は、デスクトップ画面からレーザーを照射し利用者の位置を測定したり、iPhoneやiPadなどのモバイル端末からレーザーキーボードを投射しているものです。

レーザー式深度センサー

このような技術を使った製品は既に発売がされており、バーチャルキーボードとして「Magic Cube」という製品が存在しています。

光のキーボードをタイピングするのは不思議な光景ですが、まさに未来のキーボードと言えるかもしれません。使いにくそうに見えますが、意外と普通に文字入力をすることができるみたいなので、将来のキーボードはこのような技術が応用されたものになる可能性もあるのかもしれません。

いずれ、iMacのキーボードも?

Appleがこの特許を使うとしたら、iMacとMacProの外部キーボードに関するデバイスになると思いますが、その他にも素晴らしい使い方を提案してくれることを期待したいところ。

意外とデスクトップPCのキーボードって邪魔なので、こーいうギミックなキーボードも面白いかもしれませんね。

Patently Apple、ガジェット速報
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。