iPad Air3はA9X、iPhone5seはA9プロセッサ搭載で最速モデルに?

スポンサードリンク

iPhone 5seとiPad Air 3は最新スペックに?

2016年3月にも発表が噂される、「iPhone 5se」と「iPad Air 3」ですがCPUプロセッサは「iPhone 5se」がiPhone 6sシリーズの「A9」、「iPad Air 3」はiPad Proの「A9X」が搭載されると伝えられています。

A9X

A9プロセッサでiPhone5seは最速モデルに!

「A9プロセッサ」はiPhone 6sとiPhone 6s Plusに搭載されていますが、A8プロセッサと比較してシングルコアスコアで60%、マルチコアスコアで50%以上も高性能なCPUとなっています。

「A9プロセッサ」は2GBのRAMを内蔵していることもプラスし、実際の体感速度はiPhone 6sはiPhone 6と比較してもかなり速くなっています。

もし、4インチの「iPhone 5se」に採用されることになれば、画面解像度が一番少ないモデルなのでオンスクリーンにおける処理速度はiPhoneシリーズの中で最速のモデルになるということにもなります。

また、M9コプロセッサを内蔵しているので「Hey Siri」と呼び出してSiriを起動させる機能も使えるようになります。

スポンサードリンク

iPad Air 3はA9Xプロセッサ搭載か

「iPad Air 3」はiPad Proに採用された「A9Xプロセッサ」が搭載されるとのこと。「A9X」はデュアルコアCPUに12クラスタのGPUを搭載したプロセッサで、iPad Air 2に採用されているA8Xと比較して2倍以上高性能なCPUとなっています。

A8Xは3コアプロセッサだったので消費電力の面で不利なところがありましたが、「A9X」は2コアプロセッサとなり消費電力を今まで以上に抑えることができるかもしれません。

RAMの容量はiPad Proは4GB搭載されていますが、XシリーズのAプロセッサはRAMを内蔵しているわけではなく、ロジックボードに外付け実装されていることから2GBのRAM容量に抑えられる可能性もあるでしょう。

もし、解像度が2,048 x 1,536ピクセル(264ppi)よりも高いディスプレイが採用されることになればRAMの容量が高められる可能性もありそうですが、iPad Proと同じスペックになることはないのかなーって個人的には思っています。

いずれにしても、iPad Air 3に「A9Xプロセッサ」が搭載されることになれば大きく体感速度が高くなることは間違いないでしょう。その他にも4スピーカーシステム、LEDフラッシュ、スマートキーボードへの対応などが噂されています。

http://itstrike.biz/apple/iphone/31261/
http://itstrike.biz/apple/ipad/31078/

Appleinsider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。