シャープが32型4KのIGZOテレビ・85型8Kテレビを発表

スポンサードリンク

シャープは、アメリカで開催されている家電見本市CES 2013で、IGZOの32インチ4Kディスプレイ(3840×2160)、85インチ8Kディスプレイ(7680×4320)、3.4インチ折り曲げ可能な有機ELディスプレイを発表しました。

IGZOの32インチ4Kディスプレイ

IGZOの32インチ4Kディスプレイ(3840×2160)の価格は5000ドル(約40万円)で、2月に発売予定で医療用の画像処理や、画像や映像の専門家をターゲットとしているようで、オプションで10点同時のマルチタッチ機能を追加できるようです。

4色原色パネル「クアトロン」技術がさらに進化されフルHDから4K映像へのスケールアップ処理技術も導入されるようで2014年に発表する予定だそうです。

85インチ8Kテレビは7680×4320という高解像度ディスプレイで、NHKが開発を進めている画素数7680×4320を放送することができる「スーパーハイビジョン」と同じ解像度となっています。

「スーパーハイビジョン」は高精細な画面で再現されていること2Dでも手前の物体ははっきり見えて、奥の物体は適度にぼけるなどの自然な立体感を得ることができ3Dは必要ないと言われています。

ちなみ、「スーパーハイビジョン」は2012年に映像信号の仕様がITU-R勧告として承認され、テレビの国際規格となりました。2020年の試験放送を目指しているようです。

アップルのiPhoneやiPadから始まった高解像度ディスプレイの波が各メーカーから続々と発表されていますね。

[9TO5mac]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • [きき]【電気機器】ソニー 4Kテレビ市場を主導=後れ取る韓国勢[13/08/0272chレスマトメ速報版 より:

    […] >>145 シャープが32型4KのIGZOテレビ・85型8Kテレビを発表 http://itstrike.biz/apple/3056/ IGZOの32インチ4Kディスプレイ(3840×2160)の価格は5000ドル(約40万円)で、 2月に発売予定で医療用の […]

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。