次世代のAプロセッサのGPUはAppleが独自開発したものを採用か

スポンサードリンク

次世代のAプロセッサにGPUはAppleの独自開発か

将来的には、AppleはプロセッサのGPUコアに関しても独自開発したモノを採用することになるのかもしれません!

A9Xプロセッサ

AプロセッサはA4プロセッサより独自開発を行っているSoC(システムオンチップ)ですが、プロセッサに内蔵しているGPUに関してはImagination TechnologiesのPowerVRのアーキテクチャーライセンスを受けて開発が行われていますが、AppleではGPUコアを独自開発を進めているようです。

2014年にAppleがPowerVRの使用ライセンスの延長を数年にかけて行なったという情報もありましたが、そのライセンス契約の期限が切れた時にAppleが独自に開発をしているというGPUコアに切り替わるのかもしれません。

AプロセッサのGPUコアがAppleの完全に独自開発したものに切り替わることで、ライセンス料を支払わなくてもいいということ、さらに細かいところまでOSと調整が可能になるというメリットもあるのもしれません。

iPhone 6sとiPad ProのGPUコア

現行モデルとなるiPhone 6sのAは6コアのPowerVR GT7600、iPad ProのA9Xは12コアのPowerVR Series7XTのカスタムバージョンが採用されているとみられており、どのようなスペックになっているのかはImagination Technologiesの情報からわかります。

しかし、Appleが完全に独自開発をすることでどのようなスペックになっているのか詳細が分からなくなってしまいそうです。使う側から見れば全く関係のない話になってしまいますが。

Fudzilla気になる、記になる…
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。