AppleはClassAのグローバルIPアドレスを1677万個も所有していた!

スポンサードリンク

アップルのグローバルIPアドレスを調べて見ると、16,777,214個もの大量のグローバルIPアドレスを所有しているようです。

AppleグローバルIPアドレス

しかも、クラスAという最上位のIPアドレスが割り当てらており、アップルがIPアドレスを登録したのは、1990年4月で商用開始された1989年の翌年という早い時期だったため当時はIPアドレス(IPv4)が葛藤するなんて考えもつかなかったでしょうからかなりの数をバラまいていたという話です。

IPv4は総数は42.9億個で1600万個というとその256分の1をアップルが所有していることになります。通常グローバルIPアドレスは100個あれば十分と言われていますが、アップルは何につかっているのでしょうか。

他の企業はどうかというと、Level 3 コミュニケーションズとヒューレットパッカードはクラスAを2つもっており、フォード、ハリバートン (石油掘削、メキシコ湾原油流出の原因企業)、Cap Debis CCS(メルセデス・ベンツ)など大企業が取得しているようです。マイクロソフトはクラスAのアドレスは所有していないようです。ちょっと意外でした。

Wikipedia
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。