iPhone7でヘッドフォン端子が廃止されさらに薄型化か?

スポンサードリンク

iPhone7でヘッドフォン端子が廃止される?

2016年モデルとなるiPhone7からヘッドフォンの端子が廃止される可能性があることがMacお宝鑑定団Blogが信頼できる情報筋から入手したことを伝えています。

iPhone6 ヘッドフォン端子

次期モデルとなるiPhone7は現行モデルと比較して1mm以上の薄型化されるとのことで、そのために形状が決まってしまっている3.5mmのヘッドフォン端子を廃止して本体の薄型化を実現しようしているようです。

街を歩いてみてみるとiPhoneのヘッドフォン端子を利用してヘッドフォンを着用して音楽を楽しんでいる方をよく見かけますが、もしヘッドフォン端子が廃止されることになれば影響はかなり大きなものなってしまうのは必至でしょう。

Lightningコネクタを代用する

Appleは既存のヘッドフォン端子を廃止する代わりに付属しているヘッドフォン「Ear Pods」の端子をLightningコネクタに変更することで対処するようです。なお、Lightningコネクタ形状に変更した場合はコネクタににDAコンバーターを内蔵する必要となるので、Apple純正のものは内蔵したタイプのものが付属することになりそうです。

新型となるiPhone7を購入するれば必然的に新型となる「Ear Pods」が付属するので純正のヘッドフォンを利用するユーザーはとくに問題はなさそうですが、サードパーティー製のヘッドフォンを利用する場合は変換アダプタを間に入れたり、Lightningコネクタに対応した新しいヘッドフォンを購入し直す必要が出てきます。

Bluetoothヘッドフォンを利用しているユーザーには元々ヘッドフォン端子は利用していないのでとくに問題にはならないでしょう。

スポンサードリンク

薄型化するメリット

そこまでして薄型化が求められているのかが疑問を感じてしまう点でもありますが、iPhoneは特に大型化したiPhone6の時からケースをつけることが前提となったように感じます。(←個人的な考えです)現行モデルは裸の状態では薄いサイズですがケースを付けることで最終的に本体サイズが大型化しているように思います。なので、個人的にはさらなる薄型化でケースも含めたサイズが小さくなるのは歓迎すべき点でもあります。

Appleは将来的には有機ELディスプレイをiPhoneに搭載させることを検討しています。ということは、パネル全体の薄型化が可能となり消費電力も下がってバッテリー容量を小さくすることも可能となりiPhoneの本体もさらに薄くすることも可能になるでしょう。

今回の情報では次機種となるiPhone7でヘッドフォン端子が廃止されるということですが、本当に廃止されることになるのか。もし、そうであればヘッドフォンメーカーも対応に追われることになるのは間違いないでしょう。

Macお宝鑑定団Blog

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • iPhone6の時かからケースをつけることが前提?そんな話聞いたことないですが、自分は裸のままでiPhone使ってますが>そりゃケースつけたら本体は大きくなるでしょ・・これは6に限った話ではないと思います、薄型化してもケースつけたら本体は大きくなるのでは?

    • ケースがつけることが前提ってのは完全に個人的な考えです。なので、ちょっとだけ訂正しますね!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。