Apple TV(第4世代)のRAMは2GBの容量があることが判明!

スポンサードリンク

Apple TV(第4世代)のRAMは2GB!

新型Apple TV(第4世代)のRAMが2GBであることが開発者向けに公開しているドキュメントから明らかになったようです!

Apple TV

Apple TV(第4世代)のプロセッサにはiPhone 6/6 PlusやiPod Touch 6と同じA8プロセッサが採用されましたが、RAMの容量はApple TV(第4世代)向けとして2GBのRAMに容量アップしたバージョンが搭載されているようです。

A8プロセッサはパッケージ内にRAMが入っているため、Apple TVのために2GBにRAMを増やしたカスタマイズバージョンとなっているのかもしれません。(1GBだけ外付けしている可能性もあります。→追記:iFixitの分解レポートによりA8プロセッサのパッケージ内に2GBのRAMが内蔵されていることが明らかになっています。)

iPad mini4もA8プロセッサが搭載されることが明らかになりましたが、もしかすると2GBのRAMを積んでいる可能性はあるのかもしれませんね。(追記:iPad mini 4に搭載されているA8プロセッサもRAMの容量が1GBから2GBに増えておりパフォーマンスが大幅に向上しています。)

Apple TVの開発者向けのドキュメントには以下の記載があったとのこと。

  • 64ビットのA8プロセッサ
  • 32GBまたは64GBのストレージ
  • 2GBのRAM
  • 10/100 Mbpsのイーサネット
  • WiFi 802.11a/b/g/n/ac
  • 1080 p の解像度
  • HDMI
  • 新しいSiri RemoteとApple TVのリモコン

Wi-Fiはac規格に対応しているため100Mbps以上の速度を出すことが可能ですが、イーサネットの規格が1000Mbpsには対応しておらず10/100 Mbpsの通信速度が最大となっていしまうので、可能であればWi-Fiで接続した方が通信速度が速くなる可能性があるのかもしれません。

9to5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。