iCloud.comに消去したファイルを元に戻す復元機能が搭載!これは便利!

スポンサードリンク

iCloud.comにファイル復元機能が搭載

ウェブ上から利用することができるiCloud.comにファイルなどを復元することができる機能が搭載されました!

今までは削除したら戻すことができなかったので(たぶん)、地味にこれは嬉しい機能でファイルの保存期間は30日となっており、期間が過ぎると本当に削除される仕組みとなっています。

iCloud.comは、iPhoneやiPad、Macで利用できる各アプリをウェブ上で利用できるサービスで、Apple IDを持っていれば誰でも利用可能なものとなっちます。メール、連絡先、カレンダー、写真、iCloud Drive、メモ、リマインダー、Pages、Numbers、Keynote、iPhoneを探す…などがありますが、この中から復元可能となるのはiCloud Driveのファイル(PagesやNumbersなど)、連絡先、カレンダー・リマインダーが対象となっています。

ちなみに、写真に関しては、これとは別で削除した写真は30日間保持できる仕組みをもっています。

iCloud.comのファイル復元機能の使い方

iCloud.comから「設定」にアクセスします。

iCloud.com

設定画面の下の方に「詳細設定」があり、ここからファイルの復元を行うことが可能となっています。

iCloud.com 復元機能

このように復元可能なファイルが表示されます。

iCloud.com 復元

メモに関してはiCloud Driveと統合されていないためか復元することができないようです。個人的にはメモをかなり常用しており、間違って削除してしまうこともあるので対応して欲しいところではありますが、便利になったことは間違いありません。

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。