Apple Musicの無料ユーザー数が1,100万人に!有料プランへ移行する割合が肝心!

スポンサードリンク
Apple Music

Apple Musicは5週間で1,100万人突破!

AppleがiOS8.4のリリースとともにサービスを開始した音楽ストリーミング配信の「Apple Music」が開始5週間で1,100万人を突破したことをAppleのインター ネット・ソフトウェアサービスの上級副社長であるEddie Cue氏が明らかにしました。

Apple Musicは3ヶ月間は無料で利用することが可能で現時点ではAppleには一銭も入って来ていない状況となっていますが、1,100万人の中で200万人がファミリープランに加入しているとのことです。

まだ始まったばかりのApple Musicは様々なバグが存在していますが、これについても「できる限り早くアップデートをして対応したい」とコメントをしています。現時点では無料でサービスを利用できるのでその期間中にも不具合に関しては取り除きたいといったところでしょうか。

無料期間終了後のユーザー数に注目

スポンサードリンク

5週間で1,100万人の利用者が集まったことは素晴らしいことと言えるのかもしれませんが、3ヶ月の無料期間が過ぎた後にどれだけのユーザーがApple Musicに居続けることになるのかが注目です。

むしろ、3ヶ月経過後のユーザー数がAppleの手腕を問われる時といえるでしょう。もし、1,100万人の中から半分のユーザーが契約を続けたとしても約600万人。

iPhoneの利用者数を考えるとまだまだ満足のできる数字ではないのかもしれませんね。残りの2ヶ月間でApple Musicならではの機能を提示してくれることに期待したいところです。

MacRumous

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。