ジャパンディスプレイ石川白山工場の建設地に多数のクレーン車!規模の大きさがよく分かる!

スポンサードリンク

ジャパンディスプレイの石川県白山工場の建設現場

AppleがiPhoneのディスプレイの生産のために巨額な投資をしているといわれる、ジャパンディスプレイの石川県白山工場の建設が先日より開始されており、地元としてもこれだけの規模の大きさの工場が建設されることは滅多にないので注目されています。

先日、ジャパンディスプレイの石川県白山工場の近くを通りかかったので写真を何枚か撮影してきました。といっても、まだ建物の姿は見えずクレーン車が何台も設置され稼働しているのみです。

こちらが現在の(2015年7月末)白山工場の様子です。少し前まで更地になっていたので、このクレーン車の数は凄いですね。いかに大きな工場が建設されようとしているのかがよく分かります。この不況のなか何とも景気の良い話ですね。

ジャパンディスプレイ石川県白山工場

近くに公園があるのでそこまで行って近くに寄ってみました。

JDI 白山工場 建設

あまりにも広大すぎて画角に収まり切りません。

JDI 白山工場

建設が終わればクレーン車んも撤去されるでしょうが、現時点では撮影をしているこの公園で遊ぼうという思いにはなりませんね…。

スポンサードリンク

ジャパンディスプレイは石川県では石川工場、美川工場についで3ヶ所目となりスマートフォン向けのディスプレイを月産で700〜800万枚の生産が見込まれています。建設費は1,700億円にもなると伝えられておりAppleがその大半を投資しているという情報もあります。

2016年5月に稼働予定となっており建設は進んでいるようです。

関連 iPhone向け液晶を製造するジャパンディスプレイ白山工場の起工式が行われる

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。