iPhone向け液晶を製造するジャパンディスプレイ白山工場の起工式が行われる

スポンサードリンク
ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイ白山工場の起工式

本日(5月25日)、ジャパンディスプレイ(JDI)の石川県白山工場の建設地にて起工式が行われ大塚周一社長が「液晶パネルの分野で世界の覇者になるという夢に向かって新工場の建設も急ピッチで進めたい」と挨拶を行ったとNHKニュースが伝えています。

ジャパンディスプレイ白山工場の建設費となる1,700億円はAppleがその大半を負担していると以前から報じられており、AppleのiPhoneのディスプレイをメインで生産されることになります。

2016年5月に稼働する予定で2016年秋にリリースされると思われるiPhone 7のディスプレイとして採用される可能性が高そうです。

石川県では大きなニュースに

石川県では同ニュースはかなり大きく取りあげられており、石川テレビのみんなのニュースの県内ニュースにおいては、コーナーを設けてジャパンディスプレイの白山工場について紹介をしていました。

IMG_2089

この工場ではスマートフォン向けのディスプレイを月産で700〜800万枚の生産が可能になります。

県内ではジャパンディスプレイの工場は石川工場、美川工場についで3ヶ所目となり新規雇用で250人ほどの現地従業員を採用する予定となっており、地元の活性化においても大きな期待がかかっています。

スポンサードリンク

石川県に工場を建設する理由

ジャパンディスプレイがこの地を選んだ理由として従業員が確保し易いことと、電気料金が他の県と比較しても安いことにあるそうです。

北陸電力は、東日本大震災による福島第一原発の事故後においても電気料金の値上げを他社が行っている中で実施していないことが大きなメリットとなっているようです。

2010年まであったキリン北陸工場はこの地のシンボル的な工場でもあったので、地元民としてはJDIも同じようにシンボル的な工場になってくれることに期待したいところ。

関連
iPhoneの液晶を製造するジャパンディスプレイ白山工場建設予定地に行ってみた!
JDIがiPhone向け液晶の製造工場を石川県白山市に建設へ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。