Apple IDの二段階認証でApp用のパスワードを作成しMailboxで設定する方法

スポンサードリンク

Apple IDの二段階認証のApp用のパスワード

AppleはApple IDの二段階認証の利用を推奨しています。

二段階認証機能を有効にすることでログイン時にiPhoneなどに確認コードを送信して本人確認をする2ステップ確認が必要となりますが、2ステップ確認をサポートしていないサードパーティ製のアプリでApple IDのアカウントを利用するときはApple IDのパスワードではなくApp用の別のパスワードが必要となります。

これはサードパーティ製アプリに限らずOS X YosemiteのiMassegeとFaceTimeもApple IDに二段階認証を設定しているとApp用のパスワードを求められるようになりました。

関連 iMessageとFaceTimeでApp用パスワードを生成し2段階認証を有効にする方法

Apple ID 二段階認証

このような仕組みにすることで、何らかの理由でパスワードがアプリ経由で流出したとしてもApp用のパスワードなのでApple IDのアカウントを乗っ取られる心配がなくなり、Apple IDの管理画面からApp用のパスワードを削除してしまえば解決してしまうという、とても素晴らしいシステムとなっています。

なので、二段階認証の設定は是非ともオンにして欲しい機能です。

ということで、人気のメールアプリ「Mailbox」で二段階認証が必要なApple IDのアカウント(iCloudアカウント)を使ってApp用のパスワードの設定からアプリ設定までを紹介したいと思います。

Mailbox用のApp用パスワードの生成方法

Apple IDの管理サイトにアクセスします。

Apple IDの管理サイト

Apple IDとパスワードを入力してログインします。

ログイン

管理サイトに入るために本人確認をします。手持ちのiPhoneなどのパスワードを送信します。(今回はiPhone 6に送信しました)

本人確認 iPhone

iPhone 6に4桁のパスワードが受信されるので、その数字を入力します。

確認コード Apple ID 本人確認

これでようやく管理画面にたどり着けます。

次に、Mailboxの個別パスワードの生成を行うために「パスワードとセキュリティ」から「App用パスワードを作成」を選択します。

App用パスワードを作成

名称を入力します。

2015 02 15 22 45 02

すると、App用パスワードを作成されるのでこのパスワードをメモしておきます。App用パスワードは最大25個まで使用することができ履歴で確認をすることができます。何か問題があったときはパスワードを削除すれば各アプリのログインはできなくなります。

App用パスワード  履歴

App用パスワードを使ってMailboxに設定

スポンサードリンク

MailboxをiPhoneにインストールしてiCloudのアカウントを追加します。

Mailbox (無料)

Mailbox アカウントを追加 iCloud

iCloudのメールアドレスと先程作成したApp用のパスワードを入力すると接続が可能となります。

Mailbox002

ここで通常のiCloudのアカウントのパスワードを入れると認証することが出来ないので注意です!アプリを利用するにも、かなりややこしい手順を踏まないと利用することができない二段階認証ですが、それだけアカウントが守られているということですから、是非とも設定をしておきたいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。