Apple、15年第1四半期(14年10~12月)決算発表!iPhoneは46%増、中国は70%増の売上高を達成!

スポンサードリンク

Apple、2015年第1四半期(2014年10~12月期)の決算を発表!

Appleが2015年第1四半期(2014年10~12月期)の決算を発表しました。同期間はiPhone 6/6 Plusが発売された直後の期間にあたりAppleの業績に注目がされていた期間です。

Iphone ラインナップ

2015年第1四半期(2014年10~12月期)で注目すべき点は、iPhoneの売上高ともの凄い勢いで成長をしている中国市場での売上高ではないでしょうか。

各製品の販売台数

iPhone 6/6 Plusが売れに売れまくっていることから前年同時期から46%も増加し7446万8000台を記録しています。iPadは予想通り販売数を大きく減少させましたが、より利益率の高いiPhone 6 Plusを購入するユーザーが増え、Apple全体で見た時には増収体制になっているのではないでしょうか。

iPhone販売台数 7446万8000台(46%増)
iPad販売台数 2141万9000台(18%減)
Mac販売台数 515万9000台(14%増)

全体の売上高は前年同時期の30%増となる746億ドル(約8兆9000億円)となり、純利益は180億ドル(約2兆1000億円)という、とんでもない数字を記録しています。

売上高 746億ドル(30%増)
純利益 180億ドル(37%増)
1株の利益 3.06ドル(4%増)
iPhone 511億8200万ドル(57%増)
iPad 89億8500万ドル(22%減)
Mac 69億4400万ドル(9%増)
その他デバイス 2億6890万ドル(5%減)
サービス 4億7990万ドル(9%増)

地域別売上高

日本での成長が若干鈍っているという印象がありますが、アメリカ、ヨーロッパともに大きく増収していますが意外にもアジア太平洋地域では33%の減少となっています。そして中国が前年同時期から70%も売上高を伸ばしており恐ろしい成長率を記録しているようです。

アメリカ 305億6600万ドル(23%増)
ヨーロッパ 172億1400万ドル(20%増)
中国 161億4400万ドル(70%増)
日本 54億4800万ドル(8%増)
アジア太平洋地域 52億2700万ドル(33%減)

iOSデバイスは10億台販売された

2015年第1四半期(10~12月期)の発表でAppleのティムクックCEOが、初代iPhoneから現在まで発売されたiOSデバイスの販売は10億台を突破したことを明らかにしています。

10億台を突破したのは2014年11月のことで、10~12月にiPhoneを7446万台販売したことが販売台数を大きく押し上げた要因となっているようです。iPhone 6/6 Plusは1時間で34,000台を販売するペースで売れているそうです。言い換えれば1時間に34,000台の生産をしているということになりますが…スゴいですね。

iPhoneの販売台数にも驚きますが、それをこなす生産技術があることがスゴい。

AppleMacrumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。