Mac OS Xを快適に!定期メンテナンスのすすめ

スポンサードリンク

Mac OS Xのメンテナンス

Macも長期に使用しているとWindowsほどではないにしろ多少遅くなってきたりします。そこでちょっとしたメンテナンスをすることでMacを快適に使用することができるので定期的におこなっていきましょう。

なお、システムの部分をいじくるので環境によってはトラブルが起こる可能性がありますのであくまで自己責任で行ってください。

定番メンテナンスアプリ OnyX をインストール

Macのメンテナンスソフトといえば OnyX ですね。ここからインストールしてください。

Onyx

OSX 10.8 Mountain Lion の場合は、Gatekeeperというセキュリティ機能が働きそのままではインストールできないので設定を変更しましょう。デフォルト設定では「Mac App Storeにあるアプリケーションと認定デベロッパが開発したものだけをインストールできる」となっておりが、「すべてのアプリケーションを許可」にクリックしてください。

Gatekeeper

セキュリティ Gatekeeper

メンテナンスを実行する前に

メンテナンスを実行する前に必ず、Time Machineなどでデータをまるごとバックアップをし、ソフトウェア・アップデートで最新の環境に更新しておきましょう。

OnyX でメンテナンスを開始

OnyX を起動すると、「S.M.A.R.T.(スマート)状況を検証」と「起動ボリュームを検証」がはじまります。S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis, and Reporting Technology)は、ハードディスクに内蔵されている自己検査機能でハードディスクにハード的なトラブルが発生する予兆がないか調べることができます。

ハードディスクに異常がなければ、クリーニングを行います。

Macは読み出したデータをキャッシュとして、一度処理した結果やダウンロードしたアイテムをハードディスクに保存しておき再利用しています。こーすることにより二度手間にならないので高速化することができます。キャッシュは通常は自動更新しますが、何らかの理由により更新されなかったり、壊れたりすると不具合や速度低下が起きる可能性があるので、一度すべて消去してメンテナンスします。

システムキャッシュの削除

システムキャッシュはOSX自体が使用するキャッシュです。

MacOSX システムキャッシュ

ユーザキャッシュの削除

ユーザキャッシュはアプリケーションが使用しているキャッシュです。

MacOSX ユーザキャッシュ

インターネットキャッシュの削除

インターネットキャッシュはCookieを消すとパスワードなども消えてしまうため面倒なので消さないでおきましょう。

MacOSX インターネットキャッシュ

フォントキャッシュの削除

フォントデータのキャッシュを行います。

MacOSX フォントキャッシュ

ログの削除

ログのキャッシュを行います。

MacOSX ログの削除

その他の削除

その他にも削除できる項目があります。

MacOSX その他削除

これでキレイさっぱり、ゴミファイルは削除することができます。ハードディスクの容量も若干増えている事が確認できると思います。速度も気分が気持ち良いでいか少し早くなっていることでしょう。たまに実行すると効果を感じられると思いますので、時間を見つけては実効してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。