Appleが目線の動きでiPhoneやApple TVを操作できる特許を取得へ!

スポンサードリンク

目の視線で操作ができる特許

Appleが目の動き、眼球の動きを認識させることでiPhone・iPad・Apple TV・Macなどのデバイスを操作することが可能となる特許を取得したことを米国特許商標庁によって明らかになりました。

同特許は2012年4月頃に申請された特許となっており、約3年で特許を取得したことになり、今後の製品でどのように活かすことができるか注目されます。

視線で操作 特許

カメラで目線(眼球)を読み取る技術

デバイスに搭載されたカメラが目(眼球)の動きを読み取ることが可能になり、Macにおいては視線を動かすことでカーソルを動かすことが出来るというものとなっています。

11615 4693 150120 Gaze 2 l

同様の技術でiPhoneやiPadではFaceTimeカメラで目の視線を認識してアイコンのタップやページ送りなどの作業ができるようになるかもしれません。

スポンサードリンク

AppleTVも同様に視線での操作が可能になれば今までの原始的なリモコン操作から大きく進化することになります。

また、Appleはジェスチャーによる特許などもいくつか取得しているので、次期製品群において新しい操作ができるデバイスが登場する日は、もしかすると近いかもしれませんね。

関連
次期Apple TVで搭載?ジェスチャとタッチ操作が可能なリモコンの特許取得!
AppleがiPhoneで3D操作できる技術特許を取得!VRの開発が加速?

個人的に感じるのは目の視線でiPhoneやMacを操作出来るのは新しい使い方ができていいのですが、キョロキョロしただけで操作されてしまうのは少し不便です。もし、実製品に採用されるときにこの辺りの操作感がどのようにまとめられるのが気になるところです。

AppleInsider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。