AppleがiPhoneを空中で動かし落下衝撃を最小限にする特許を取得

スポンサードリンク

落下衝撃を最小限にする特許をAppleが取得

こんなことが現在の技術で実現可能なのかどうかは分かりませんが、AppleがiPhoneを落下衝撃から守るための特許を取得しました!

同特許は、iPhoneが落下してしまった時に空中でiPhoneの角度を自動的に変化させることにより落ちたときの角度をコントロールすることで被害を最小限に出来るというものとなっています。

11241 3995 141202 Protect l

空中でiPhoneの状態を検知させるには既に搭載されている加速度計、GPS、ジャイロスコープが利用されてさらに超音波センサーなるものを利用して検出るそうです。そして、本特許の肝とも言える角度を変化されるのバイブレーションのモーターを使うそうで、モーターの振動を使ってiPhoneの角度を変化させるというものです。

これを見ると特に目新しい技術は使っていないので、ソフトウェアが開発されればすぐにでも実現されそうなシステムと言えそうです。

11241 3996 141202 Protect 2 l

iPhone 6/6 Plusにはバイブレーションの回転モータが採用されていない?

スポンサードリンク

これは知らなかったのですがバイブレーションの回転モーターはiPhone 5s以前のモデルで採用されていますが、iPhone 6/6 Plusでは無回転の振動モーターが採用されおり従来の回転モータ式のバイブレーションは使われていないそうです。

今後登場する次世代のiPhoneでは再び進化したバイブレーションのモータを搭載して落下衝撃支援システム(?)が採用される可能性はあるのかもしれません。もし、採用されて上手く機能することになれば少なくとも液晶パネルが割れてしまうという悲劇は起きなくなるかもしれません。

実現したら修理会社は大変ですね..

追記:Apple WatchやMacBookシリーズのトラックパッドにはTaptic Engineという振動モーターが採用されており、より小型で直感的なフィードバックを得ることができるバイブレーションとなっています。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。