iPhoneとApple Watchがホテルの部屋の鍵になるサービスが米国で開始へ!

スポンサードリンク

iPhoneがホテルのルームキーに!

ホテルの部屋のルームキーはカードキーが主流となっていますが、アメリカのスターウッドホテルがiPhoneなどのスマートフォンを利用したルームキーである「SPG Keyless」の導入をすることを発表しました。

screenshot-2014-11-03-09-13-26.png

何でもスマホから出来るようになって、紛失したときのことを考えると少し恐ろしくなってきますね…。

フロントをスルーすることが可能に

スマホからのモバイルルームキーを導入することで、フロントでの受付を簡略化することが可能となります。

もちろん、フロントの受付をスルーするには予約が前提となるでしょうが、SPG Keyless専用のアプリからホテルの予約をすると、宿泊日の24時間前に部屋の番号とBluetoothキーが受信され、ホテルに到着したらフロントに行かなくてもそのまま部屋に行くことができるというものです。

使用方法はiPhoneのBluetoothがオンにした状態でSPGアプリを起動してiPhoneをドアの鍵の部分に触れることで鍵が開くという流れとなっています。

iPhone 4s以降のデバイスで利用ができるそうで、今普及しているiPhoneであれば問題はないようですね。

アメリカからサービススタート

スターウッドホテルでは11月5日より全米150の系列ホテルで利用ができ、さらに2015年に発売が開始されるApple Watchにも対応予定とのことです。また、ヒルトン・ワールドワイドなども同様のシステムを導入するということで、ホテル業界全体でルームキーの革命が起きるかもしれません。

わざわざルームキーを持ち歩く必要がなるのでとても便利になりそうですが、フロントをスルー出来るのはちょっとセキュリティ的にもどうなんだろうって思ってしまいます。また、充電が無くなってしまったときとは、面倒くさいことになりそうですね…!しかも、酔っ払っていた時に充電が切れたときにはもう…!

いずれ、日本でもこのようなルームキーサービスが始まる可能性は高そうですが、やっぱり受付は対面で行いたいものですね…!

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。