iCloud Drive新プランの提供を開始!容量を増やす設定方法!

スポンサードリンク

iCloud の新ストレージプランが提供開始

Appleが先日発表した「iCloud Drive」の新しいストレージプランの提供を現行の「iCloud」に対して提供を開始しました。

iCloud DriveはOS X YosemiteとiOS 8に対しての新サービスとなるので、OS X MavericksやiOS 7以前のOSでは今のところ利用することができないので、このプランを購入したからといってiCloud Driveを利用できるわけではないので注意が必要です。

iCloud 新しいストレージプラン

関連記事 >> iCloud Driveの料金発表!200GBで400円/月ならアリかも?

容量を増やす方法

iCloudのストレージの容量プランの変更方法は以下の通りです。

・OS X:「システム環境」→「iCloud」→「管理」→「さらに容量を購入…」
・iOS:「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」→「さらに容量を購入」

あとは支払いを済ませるだけで容量が増加することになります。

ウェブブラウザ版iCloud betaにiCloud Driveのアイコンが登場

また、ウェブブラウザ版のiCloud betaにiCloud Driveのアイコンが追加されており、まもなくiOS 8とOS X Yosemiteが正式リリース後に利用ができるものとみられます。

新バージョンのOSにアップデートすることでiCloudの中に「iCloud Drive」のアイコンが出てきてアップデートをする事ができます。ただし、iCloud DriveにアップデートをするとiOS 7やOS X Mavericksなどの旧OSからフォルダへのアクセスができなくなってしまうので注意が必要です。

iCloud Drive

いつか旧OSでもアクセスできるようにならないでしょうかね?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。