Appleの新ストレージ「Fusion Drive」とはSSDとHDDのハイブリッドシステム!

スポンサードリンク

iMacとMac miniにFusion Driveが登場

Appleのデスクトップ型の「iMac」や「Mac mini」のストレージドライブは「HDD」や「SSD」の他にも「Fusion Drive」を選択することが可能となっていますが、この「Fusion Drive」というものは一体どのようなストレージなのか。簡単に書くとHDDとSSDのいいとこ取りをしたストレージドライブです。

Fusion Drive

HDDとSSDを組み合わせた「Fusion Drive」はハイブリッドドライブのことで、他社メーカーやAppleも過去にも「SSD + HDD」という構成は存在していました。

しかし、今までは、SSDとHDDの各ドライブの中身をユーザー側から見ることが可能で、どちらのドライブを利用するかを選んで使用をしていました。

しかし、Appleの「Fusion Drive」は OS が自動的にファイルを判断して、OSやよく使うアプリケーションなどアクセス頻度の高いデータを転送速度が高速なSSDに入れて、アクセス頻度があまりないそれ以外は転送速度は遅いが大容量なHDDへ格納している高速なSSDと大容量なHDDの利点を利用できる画期的なシステムになっています。

ただし、制限も色々あります。

  • USB/FireWire/Thunderboltの外付けHDDをFusion DriveのHDDとして追加できない。
  • Fusion DriveのHDDは1つの追加パーティションを作成可能だけど、SSDのパーティション分割不可。作成した追加パーティションはFusion Driveとは別に物理的にHDD内にあるドライブという扱い。
  • Boot Campアシスタントは3TBのHDDの設定をサポートしていない。また、Fusion Driveの「ディスクユーティリティ」は、他のバージョンのものとは違っておりそれより前のバージョンの「ディスクユーティリティ」ではFusion Driveを取り扱えない
  • ターゲットディスクモードでターゲット側のディスクとしてFusion Driveをマウントするには、OS X Mountain Lion 10.8.2以降が必要。また、NVRAMのリセットを行なうと起動ドライブの設定が削除され、ドライブの動作が遅くなることがある。その場合は「システム環境設定」の「起動ディスク」で再度指定しなおす。

つまりOSが自動的にデータの管理を行う仕組みとなるのでユーザー側で制御することはほぼ不可能と考えて良さそうです。

スポンサードリンク

Macの開発者は既存のMacでFusion Driveを構築

この仕組みをMacの開発者・Patrick Stein氏が、自身が所有する既存のMac Pro上でコマンドラインツールを利用して、Fusion Driveを作成することに成功したとMacRumousが伝えています。

Fusion Driveの作成にはSATA接続の120GBのSSDとUSB接続の750GBのHDDを利用し、Stein氏は二つのドライブを一つの論理ドライブと構成することに成功し、Fusion Driveの作成をしたとと述べています。

Patrick Stein氏は、実際に二つのドライブの間で自動的にファイルの移動が行われていいることを確認したと主張しています。今回のFusion Driveの作成は通常のファイルシステムのHFDではなくZFSで可能だったとのことです。OSのバージョンはOS X 10.8.2です。

2016年のiMacのFusion Drive

現在のiMacは1TB、2TB、3TBのFusion Driveを選択することが可能となっています。

1TBのFusion Driveは24GBのSSD、2TBと3TBのFusion Driveが128GBのSSDを搭載しているという違いがあり、全体的なスピードは2TB以上のFusion Driveを搭載したiMacの方が速くなっていると言えます。いずれにしても、iMacに関してはHHDではなくFusion Driveを搭載したモデルを購入することをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。