Appleの新ストレージ「Fusion Drive」とはSSDとHDDのハイブリッドシステム!

スポンサードリンク

iMacとMac miniに「Fusion Drive」搭載モデルが登場

Appleのデスクトップ型のiMacやMac miniのストレージは「HDD(ハードディスクドライブ)」や「SSD(ソリッドステートドライブ)」が搭載されており、最近のモデルではFusion Driveというものを選択することが可能となっています。

この「Fusion Drive」というものは一体どのようなストレージなのでしょうか。この記事では、Fusion Driveがどのようなドライブなのかを説明したいと思います。

Fusion Drive

Fusion Driveは簡単に書くと「HDDとSSDのいいとこ取りをしたストレージドライブ」ということになります。

SSDとHDDを組み合わせで自動振り分けしている

SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドドライブのことでAppleはFusion Driveと呼んでいます。他社メーカーのパソコンにもSSD とHDDを組み合わせた製品は存在しておりSSDとHDDの各ドライブをユーザーがアクセスすることが可能となっており、どちらのドライブを利用するかはユーザーが決めることができました。

AppleのFusion Driveはその作業を自動的に行う仕組みとなっており、macOSがよく使用しているファイルを判断しています。よく使うアプリケーションやアクセス頻度の高いデータを転送速度が高速なSSDに自動格納し、アクセス頻度が少ないデータを転送速度は遅いが容量が多いHDDに自動格納しているのです。

つまり、Fusion Driveは高速なSSDと大容量なHDDの利点を最大限活用することができる画期的なシステムになっているのです。

今ではSSDの価格も安くなってきているのでメリットが少なくなってきていますが、それでも2TBの容量を持つことができるFusion Driveのメリットはまだまだあるのではないでしょうか。

Fusion Driveの制限

ただし、Fusion Driveにも以下のような制限が色々とあります。

  • USB/FireWire/Thunderboltの外付けHDDをFusion DriveのHDDとして追加できない
  • Fusion DriveのHDDは1つの追加パーティションを作成可能だがSSDのパーティション分割不可。作成した追加パーティションはFusion Driveとは別に物理的にHDD内にあるドライブという扱いになる
  • Boot Campアシスタントは3TBのHDDの設定をサポートしていない。また、Fusion Driveのディスクユーティリティは他のバージョンのものと違い、それより前のバージョンの「ディスクユーティリティ」ではFusion Driveを取り扱えない
  • ターゲットディスクモードでターゲット側のディスクとしてFusion Driveをマウントするには、OS X Mountain Lion 10.8.2以降が必要。また、NVRAMのリセットを行なうと起動ドライブの設定が削除され、ドライブの動作が遅くなることがある。その場合は「システム環境設定」の「起動ディスク」で再度指定しなおす。

OSが自動的にデータの管理を行う仕組みとなるのでユーザー側で制御することはほぼ不可能ということになります。

スポンサードリンク

Macの開発者は既存のMacでFusion Driveを構築

この仕組みをMacの開発者・Patrick Stein氏が、自身が所有する既存のMac Pro上でコマンドラインツールを利用し、Fusion Driveを作成することに成功しています。

Fusion Driveの作成にSATA接続の120GBのSSDとUSB接続の750GBのHDDを利用、Stein氏は二つのドライブを一つの論理ドライブと構成することに成功しFusion Driveの作成をしたとのこと。

Patrick Stein氏は、実際に二つのドライブの間で自動的にファイルの移動が行われていることを確認したと主張しており、今回のFusion Driveの作成は通常のファイルシステムのHFDではなくZFSで可能だったとのことです。なお、OSのバージョンはOS X 10.8.2です。

2015年のiMacのFusion Drive

現在のiMacは1TB、2TB、3TBのFusion Driveを選択することが可能となっています。

1TBのFusion Driveは24GBの容量のSSDが搭載され、2TBと3TBのFusion Driveが128GBのSSDを搭載しているという違いがあります。また、ストレージの容量によって読み込みスピードが異なっており、2TB以上のFusion Driveを搭載したiMacの方が速くなっています。これはSSDの容量が多いFusion Driveはフラッシュメモリを複数個搭載しているので並列処理することができることが理由となっているようです。

2017年のiMacのFusion Drive

2017年6月にリリースされたiMac 2017の1TBのFusion DriveのSSDの容量は24GBから32GBにスペックッアップしていることが明らかになっています。2TBと3TBのFusion DriveのSSDの容量は今まで通り128GBとなっています。

いずれにしても、iMacに関してはHDDモデルではなくFusion Driveを搭載したモデルを購入することをオススメします。

スポンサードリンク

2017年はiMacは完全刷新されるのか?マイナーチェンジにとどまる…という噂もあります。果たして?

MacBook Proに関するレビュー記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。