iCloud DriveとDropbox、OneDrive、Google Driveの価格比較!

スポンサードリンク

念願のAppleのクラウドストレージサービス「iCloud Drive」

先日開催されたWWDC 2014にてAppleがiCloudサービスを全面的に見直した「iCloud Drive」を発表し、今秋から提供を開始するiOS 8とOS X 10.10 Yosemiteに合わせてサービスが提供されることになります。

今までのiCloudは特定のアプリのデータやフォトストリームのデータしか保存をすることができませんでしたが、iCloud Driveはクラウドストレージサービスで先行しているDropboxやマイクロソフトのOneDrive(旧SkyDrive)のようにFinderからフォルダやファイルに直接アクセスすることができMac、Windows、さらにiPhoneやiPadからデータを共有同期することができるサービスとなります。

IClouddrive

つまり、DropboxやマイクロソフトのOneDriveとやっと肩を並べることができただけなんですすが、iCloud Driveのメリットやはり価格が安いということではないでしょうか。

後出しってこともあるのですが、他社サービスと比較しても少し安いです。

iCloud Driveと他社を比較!

Dropbox

無料容量:2GB(最大で16GB)
100GB:年99ドル(約9,900円)
200GB:年199ドル(約19,900円)
500GB:年499ドル(約49,900円)

マイクロソフト OneDrive

無料容量:7GB
50GB:年25ドル(約2,500円)
100GB:年50ドル(約5,000円)
200GB:年100ドル(約10,000円)

Google Drive

無料容量:15GB(Gmail、Google+フォトと共通)
100GB:年23.88ドル(約2,400円)
1TB:年119.88ドル(約12,000円)
10TB:年1199.88ドル(約120,000円)

iCloud Drive

無料容量:5GB
20GB:年11.88ドル(約1,200円)
200GB:年47.88ドル(約4,900円)
1TB:不明

最近では大容量化が目立ちちょっとだけ増やしたいというユーザーにとってはiCloud Driveの20GBは嬉しいプランではないでしょうか。

価格にかんしてはDropboxやOneDriveと比べてもかなり安いことがわかります。Google DriveはiCloud Driveと同じくらいの価格となっているのでAndroidを利用しているユーザーはGoogle Drive、iPhoneやiPad、Macを利用しているユーザーはiCloud Driveを選択するのが賢い選択かもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。