iWatchに心拍数や酸素濃度を測定できる光学センサー搭載か?

スポンサードリンク

iWatch(Apple Watch)は心拍数や酸素濃度が測定可能?

Appleが開発しているというスマートウォッチであるiWatchに心拍数や血中酸素濃度を測定するための光学センサーが搭載されると伝えられています。

iWatch 光学センサー

これらの光学センサーは皮膚に光を通して二波長を送信し血中の酸素濃度を測定することができるそうで、以前に噂となっていたブドウ糖濃度を測定することは精度があまり出ないために難しいそうです。

酸素濃度についても測定は可能のようですが、光学センサーが手の動きやノイズなどに影響し正確な測定を出すことは難しい状況のようです。実際にiWatchに搭載されるかどうかはわからないとしており、あくまで心拍数などを図ることができる簡易的な測定機器となるかもしれません。

アップルがただのスマートウォッチを販売したところでソニーなどが既に発売しているものでそこまでブレイクしていないところを見るとそのまま追従するとは考えにくいです。

なので、アップルのティム・クックCEOが語っている「新しいカテゴリーの製品を開発している」とは医療分野に関連したiWatchである可能性はかなり高く、酸素濃度や糖濃度が測定出来ないにしろ他社製品と比べても一歩先に進んだ製品になる可能性が高そうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。