Appleが脱着可能なカメラレンズの特許を申請!ソニーとの違いは?

スポンサードリンク

Apple、脱着可能なカメラレンズの特許申請!

AppleがiPhone専用の脱着可能なカメラレンズの特許を米国特許庁に申請したことが判明しました。特許名は「Back panel for a portable electronic device with different camera lens options(ポータブル電子デバイスの背面パネルに装着するカメラレンズ)」となっています。

iPhone カメラ特許

以前のソニーがスマートフォンの背面にカメラレンズを装着し本格的なカメラを楽しむことができる「DSC-QX100」を発売をしています。ソニーの場合はイメージセンサーも搭載したカメラレンズとなっており、Wi-Fiとスマホを連携することで撮影が出来る構造となっていました。

Appleの脱着可能なカメラレンズは磁石を用いてiPhoneと機械的接続を想定したものとなっており、電源はiPhoneから供給される仕組みとなっているようです。

14 01 28 Camera 4

これはiPhoneを設計しているAppleだからこそ出来る技で、Wi-Fiと接続する必要もなくなんの設定もなくカメラレンズを装着するだけで高性能な写真を撮影することが出来るというものになります。ただ、この仕組みだとイメージセンサーは今まで通りiPhoneの中に設置されることになるので(たぶん)大幅な高画質化は期待できない可能性もありますね。

なのでiPhoneをちょっとしたコンパクトデジカメにグレードアップするというレベルのものなのかもしれません。

AppleInsider、ガジェット速報
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。