Appeが推奨する「iPad」を長期間保管する方法・期間とは?

スポンサードリンク

iPhoneとiPadを長期間保管する場合のガイドライン

アップルがiPadを上手に保管する方法である「iPad:長期間保管する場合のガイドライン」を公開しています。このガイドラインはiPadだけに限らずiPhoneやその他にモバイル機器にも当てはまる事だと思うので覚えておいても損はないと思います。

iPad mini Retinaディスプレイ

「iPad」を長期保存する場合は以下のようにすることを推奨しています。

  1. iPad を約 50% まで充電します。
  2. バッテリーの浪費を防ぐために iPad の電源を切ります。

iPad を湿気のない 30 ℃ 以下の涼しい場所で保管します。

iPad を再充電せずに保管できる期間の上限については、

  1. iPad mini:6ヶ月間
  2. iPad:1年間

となっており、再度利用を開始するときには最長20分間の充電が必要になる場合があり、多数のiPadを保管している場合は「最初に保管したデバイスを最初に使う」という方法をオススメしています。

使わなくなったモバイル機器でしばらく経ってから使ってみると電源が入らないことや充電が出来ない状態になってしまうことがあります。これはモバイル機器で広く使用されているリチウムイオンはフル充電をした場合や空の放電状態で保管してしまうことでバッテリーがダメになってしまうようです。

もうこのデバイスは使わない!という場合は、放っておいてもいいと思いますが、今後も使う予定のあるモバイル機器は少し面倒かもしれませんが定期的に、2ヶ月に一度くらいは充電をしてあげた方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。